dods’ blog - 今と昔のノートブック

今の記録は情報提供。昔の記憶は話題提供。気ままに記します。

シャッター・チャンスとシャッター・マナーについて考える

今週は外の仕事が多く、基本的に往来時に考えている事と言えば、まあ仕事についてなのですが、それでも通り過ぎるお店なんかの雰囲気に通り過ぎてから気になり、戻って写真を撮ることも。

 

こちらは今日の写真。「本店」に呼ばれてその帰りに写しました。ハッキリ言ってボツ作品。お店のドアが鏡になってしまい、道を走るクルマが写り込んでいる。

 

f:id:dods:20190523213039j:plain

 2019.05.23 Fujifilm X100F

 

本当は、自分がここを通り過ぎたとき、このカレー屋さんを切り盛りしているのであろう外国人(多分左上の国旗の方)がこのドアを内側から一生懸命磨いていて、いい感じに見えました。

 

数メートル先でカメラを持っていることを思い出し、慌てて戻って写すも、マスターらしき方は消えて、ワゴン車の後ろ姿に変わってしましました。いい作品になった保証はありませんが、こんな風にシャッター・チャンスを逃すことがままあります。

 

こちらは月曜日に鎌倉で仕事があり、その帰りに写した写真。最寄り駅に電車が来るまで時間があり、駅前をうろうろしていて、素敵なテイクアウト店を見つけて写しました。

 

f:id:dods:20190523214401j:plain

 2019.05.20 Fujifilm X100F

 

写した直後、お店の人に「取材か何かですか」とやや不審がられました。こちらも観光客然とした格好なら、声は掛からなかったかもしれません。でも私はこのとき、スーツにネクタイと、割とフォーマルな服装をしていました。

 

たかが趣味の写真とはいえ、たまにチャンスが転がってきます。あとから「あれ撮っておけば...」と思う前にカバンからカメラを出したい。ただ、シャッター・マナーを守ることも大事だと感じた今週でした。