dods’ blog - 今と昔のノートブック

今の記録は情報提供。昔の記憶は話題提供。気ままに記します。

連休中の読書から

この3連休は、仕事だった初日の半日以外はフリーでした。持ち帰り仕事もなく、ぜひ読書に充てるべきだと、土曜の午後、仕事帰りに近所の図書館に寄りました。借りて読んだのがこの2冊。

 

日本列島の誕生 (岩波新書)

日本列島の誕生 (岩波新書)

 

  

言葉が鍛えられる場所

言葉が鍛えられる場所

 

 

「日本列島の誕生」を選んだのは、先日の北海道胆振東部地震がきっかけ。地元の札幌での液状化被害や、昔北海道は二つに分かれていました、なんて小さい頃に習ったことを思い出し、手に取った次第。

 

この本は新書ながら結構難しいのですが、太平洋プレートと千島プレートがぶつかり合う北海道で、日高山脈の隆起に伴ってその西側が沈下し、ある時は海に、その後は豊富な堆積物が炭田を育んだ、などなどを学べました。

 

もう一つ、毎日職場から目にする大磯丘陵の出現についてもこの本では詳しく解説されていて、予想外の収穫でした。詳細を論ずることはできないのですが、やっぱりプレートテクトニクスのなせる業のようです。

 

ところで、実は今回借りたかったのは、あのタモリも愛読との噂があるブルーバックスシリーズ「日本列島100万年史」(2017)。ぜひこちらもトライし、その後の四半世紀で、どれだけ研究は進んだのか、素人なりに確認したいところです。

 

「言葉が鍛えられる場所」は、通りかかった「ヤングアダルトコーナー」(若者向けの一画で、YAの略称もあります。公共図書館ですから、如何わしさとは当然ながら無縁です、念のため)のおすすめにあったのをヤングでもない自分が借りてしまいました。

 

平川さんといえば、若い頃友人と翻訳会社を立ち上げた村上春樹の小説を地で行くエピソードや(ちなみに友人は内田樹氏)、愛読する小田島隆 twitter でもよくイベントが告知されていたりと、自分的には馴染み深いお方。

 

web 連載した記事をまとめた著作ということで、今日一日で一気に読んでしまいました。基本は現代詩の傑作の紹介。「語られる言葉の無力と無言の力」「言葉の役割の崩壊をどう言葉で伝えるか」等々、現代詩の宿命的課題を実体験も踏まえ優しく解説。

 

現代詩の中でも、「荒地」派の存在についてよくわかりました。谷川俊太郎とかの軽やかな現代詩と、今後どちらが存在感を発揮するのか注目したいところです。

 

現代詩とは別に面白かったのは2つ。一つは、現首相のあまりにも言葉に対して無自覚な振る舞いに対する痛烈な批判。もうひとつは、言葉と言葉にならない思いの反比例関係を、夫婦関係を例に解説した、あとがきに代わる最終章。頷くところ多しでした。