dods’ blog - 今と昔のノートブック

今の記録は情報提供。昔の記憶は話題提供。気ままに記します。

ブルガリアの女性コーラスが縄文の調べに近いのはなぜ?

全国的にお盆休みのようですが今日も仕事。休日に聴き切れなかった podcast の英語番組を通勤途中に聴いています。今日聴いていたのは、もう何度も紹介している米国 Boston の公共放送局 WBUR 制作の Here & Now。

 

 

基本毎日配信されているこの番組。でも自分のような週一リスナー向けに、週末に特集番組が編集されているようで、先週土曜日配信は How Borders Shape Our world(国境線が形作るこの世界)という特集。

 

エピソードの一つで、ブルガリア国営放送の女性コーラス団が取り上げられていました。

 

 

ケイト・ブッシュポール・サイモンなどに影響し、鉄のカーテンの向こうの声と脚光を浴びたのが1980年代。その後のソ連崩壊で苦難を強いられるも、今年また新たに注目されているという話です。

 

歴史的な背景はさておき、その歌声を聞いて驚きました。これって、姫神のメロディーだし、声も縄文語と言われるあの歌声とそっくりじゃん。

 

何度か記事にしましたが、演劇関係にどっぷり浸かっていた20年ほど前、創作したお芝居の効果音に姫神の「神々の詩」を使いました。場面は、古代日本を築づいた縄文人たちが大活躍するシーン、とかでは全然なく、ゲームオタクの少年が過去に受けたいじめや今のやるせなさに逆切れしつつ何かに気づく、ダンスまじりの無言劇のシーン。この場面のバックで流させてもらいました。

 

個人的な昔話もさておき、次の二つを聞き比べていただくと、厳密な検証は抜きにして、私の話がそんなに的外れではないということが分かると思います。

 

www.youtube.com

www.youtube.com