dods’ blog - 今と昔のノートブック

今の記録は情報提供。昔の記憶は話題提供。気ままに記します。

さばの文化干しにやや詳しくなり、「さば文化」の深さを知る

話としては昨日の続きになります。昨日のは、買物に出たお昼頃が大変暑く、白いものが目に映えますといった話でした。

 

買物途中にもう一枚、ご近所の魚屋さんも写してました。以前に書いたことがあったと記憶してますが、店構えを撮るのが好きです。周りにシックリ馴染んでいる昔からのお店はもちろん、ちょっと浮いちゃった新しいお店もいい。

 

f:id:dods:20180812204802j:plain

 2018.08.11 Fujifilm FinePix F10

 

このお店は地元に馴染んだ系として撮らせてもらいました。ただ、投稿の理由はちょっと別なところにあります。改めて写真を眺めたところ、「さば文化」の段ボール箱が妙に存在感があったからです。

 

さばの文化干しを略して「さば文化」。生鮮物を扱う威勢の良さというか、気の短さが伝わります。自分は好物です(子供らは敬遠気味)。でも改めて考えると、「さばの文化干し」というネーミングの由来は未知の領域でした。

 

意外と面白いエピソードがあったので、引用します。

干物の包装材として木箱や新聞紙を用いていた時代、東京都江東区にて1950年創業の水産加工物会社「東京仙印商店」がセロファンに包んでみたところ、非常に仕上がりの見栄えが良くなり、これを販売したのが最初とされている。

文化干し-wikipedia

 

あと、例の段ボール箱を拡大してみたら、「千葉県銚子市」の文字がありました。これもあれこれ調べたら、なるほどと納得できるデータがありました。なんだか夏休みの自由研究みたいですが、分かったのはこのようなこと。

  • 銚子は日本での漁港水揚げランキング一位が続いている
  • その銚子漁港での水揚げ比率一位は数量(59.9%)、金額(37.7%)ともにさば
  • 出身の北海道では有名な釧路漁協(H27の漁獲金額は一位こんぶ、二位さんま、三位たら)と比べるとその特徴は明らか
  • 干しさば生産量のランキングなんかもあり、千葉県は他県を圧倒して一位の模様(H28年6,301t。以下、茨城3,525t、鳥取2,496tと続く)。

 

参考にしたサイトもあげておきました。さば好き、お魚好きの方はぜひご参照ください。

 

日刊水産経済新聞-銚子が6年連続1位、28年主要漁港水揚げランキング

銚子市漁業協同組合

漁獲のデータ | 釧路総合振興局産業振興部水産課

 干しさばの生産量の都道府県ランキング(平成28年)

 

「どうだ、よく調べたろう」感を漂わせてしまいましたが、ほんの10分ほどの検索で結構あれこれ調べられるものです。ちょうど夏休みですね。ネット時代の恩恵を十分に生かせば、あんなに大変だった夏休みの自由研究も今なら楽勝? とか思った今日でした。