dods’ blog - 今と昔のノートブック

今の記録は情報提供。昔の記憶は話題提供。気ままに記します。

お神輿見た?

こちらでは毎日暑い日が続きます。風がない今日は特に暑く感じました。休日なので家族用のお昼ごはん調達に外出したときのこと。お店から出たら、自転車に乗った高校生くらいの一名が「お神輿見た?」ともう一名に話かけ、通り過ぎました。

 

男子にしては「お神輿」なんてちょっと丁寧、というか可愛い言い方だなあと思いましたが、よく考えると他に言い様はないですね。「神輿見た?」じゃ、なんか通ぶってて高校生が言いそうもない。

 

どれどれその「お神輿」を自分も見せてもらおうと、商店街をのぞいて、ついでに写真に取らせてもらいました。こちらのほうでは町内会単位で、夏祭りなどに合わせて披露されることが多いようですね。子供神輿なんかもあったり。

 

f:id:dods:20180722182207j:plain

 2018.07.22 Fujifilm FinePix F10

 

f:id:dods:20180722182239j:plain

018.07.22 Fujifilm FinePix F10

 

小さい頃は地元にこんな催しはなかったなあ、でも知らかっただけでやっていたのかもしれないなあ、などあれこれ思い巡らすうち、ある出来事を思い出しました。お神輿きっかけで、心臓が止まるくらい、驚いた経験です。

 

これまでも何度か、4,5歳の頃の不可思議な記憶のことを記事にした気がしますが、これもやはりその頃の話。ちょうど自分に弟ができ、家族構成に変化が生じた時期です。

 

母と自分と、多分赤ん坊の弟の3人が家にいたときのこと。自分は母のそばにいました。突然、母がかなり大きな声で「あら?」と叫び、何かを思い、窓の外を見に行きました。

 

この時の母親の「あら?」に始まり、何か(きっと自分にとって良くない知らせについて)思いを巡らしていたシーンを今でもありありと思い出されます。ほんの一瞬だったのかも知れませんが、途轍もなく怖く、戦慄が走り、その後に告げられる不吉な知らせに恐怖した記憶があります。

 

このように、4,5歳の自分が勝手にホラー的な状況を予期して身構えていたのですが、結末はあっけないくらい簡単な話でした。

 

その時母親は、地元北海道神宮のお神輿が近所を通っていることに気づき、それを確かめようと窓の外を覗いただけのことでした。幼いころ街中に住んでいた母親にとっては、慣れ親しんだお神輿の掛け声だったのでしょう。

 

考えてみると、人生には不安定な時期というのが何度かあるのでしょうが、あの頃の自分は半世紀の人生の中でもトップクラスの不安定期だったように思えます。