dods’ blog - 今と昔のノートブック

今の記録は情報提供。昔の記憶は話題提供。気ままに記します。

北海道弁について

お弁当の話ではありません。北海道に住む方々が話す日本語に、固有の特徴ありと認知される語彙やアクセントがあるかという話。「北海道方言について」と言い換えてもよいのですが、北海道弁とか北海道方言という言葉自体、括りとしては未熟かもしれません。

 

 

仕事帰りの今日、地元のテレビ局で我が出身、北海道のテレビ局、HTB(「水曜どうでしょう」が有名)配給のこの番組を見ていたら北海道弁の話になり、目が(耳が)釘付けとなりました。30年ほど前、 自分が友人の関東人から指摘された通りのことを、大泉君が一緒に出演する関東人から言われていたからです。

 

うちえん(幼稚園)」、「いくえん(保育園)」は関西弁みたいだなあ。

 

イントネーションの高い位置を太字にしましたが、たしかに自分もこちらに来たばっかりの頃、似たような指摘を友人からされた記憶があります。関東式だと、「ようえん」、「ほくえん」のようで、自分もいつのまにかそう言ってます。

 

うちの奥さんに確認したら、自分が北海道弁風に言っていたことを聞いた記憶はないけど、お母さん(自分の実母)からは聞いたことがあるとの指摘。ちなみにうちの奥さんはほぼ東京弁インフォーマント(東京生まれ横浜育ち)。

 

そこで、こう思いました。例えば関西弁とか東北弁とかは、その特徴や存在が日本中で広く認識されています。関西弁に関して言えば、吉本興業などが大いに貢献していると言えましょう。

 

でもマイナー方言に関しては、別地域に身を置き、そこで話される言葉が何かちょっと違うぞと自分で気づくか、親切なインフォーマントから情報を提供してもらる必要があります。

 

言葉にものすごく興味があり、同時に北海道出身の者として、この手続きを上京(と言っても、東京ではなかったのですが)後の数年は続けていたような気がします。

 

ついでに言えば、方言として成立するかしないかの存在である北海道弁自体にも興味がありました。明治の初期に日本全国から開拓団が来ている北海道の成り立ち自体、社会言語学的な研究の格好のフィールドだったはず。

 

ついでのついでに、大学時代感銘を受けて読んだこの新書を思い出しました。今日の話題の政治的な根拠、というか開き直りを大いに鼓舞してくれた本として、紹介させてください。この本を読めば、少なくとも「母語」と「母国語」を混同する愚はクリアできるでしょう。

 

ことばと国家 (岩波新書)

ことばと国家 (岩波新書)