dods’ blog - 今と昔のノートブック

今の記録は情報提供。昔の記憶は話題提供。気ままに記します。

この時期に落ち着いて聞けるラジオ局

米国では、クリスマスのあいさつをめぐって、Merry Christmasか、Happy Holidaysかで議論になっていると聞きます。というか、議論をたきつけたのがあのトランプ大統領

彼は、選挙スローガン"We will make America great again."とともに、"Merry Cristmas"が憚れる風潮を打破したいと狙っていたようで、最近ではあちこちの演説で"Merry Cristmas"を言いまくっているようです。

でもアメリカ国民、特に若者たちはそんなのどっちでもいいと思っているとのこと。ここら辺の事情はたとえば次の記事が詳しいです。

「メリークリスマス」忌避なぜ(猪瀬聖) - 個人 - Yahoo!ニュース

さて、相変わらずネットで聴けるラジオ局をしらみつぶしに聴いて、選曲のいい曲を流す局はないかと調べてます。TuneInが五十音順に並ぶ関係で、イリノイ州までいったのですが、ここには大都市シカゴがある州。めぼしい局がずいぶんあって大変でした。

そしてここからが本題。この季節にゆったり、落ち着いて洋楽を聞けるラジオ局はないかな、別に米国に限る必要もないし、などと探していたら、どうやらBBC Radio 2がいいということに気づきました。

自分にとってBBCといえば、ニュースを聞いたり見たりする局。とても高く評価しています。週末、ラジオのWorld Serviceを聞きながら庭掃除するのも習慣になっています。ところが音楽中心のRadio 2を聞いていると、これまたしっくりくるんですね。

BBC Radio 2 is one of the BBC's national radio stations and the most popular station in the United Kingdom. Much of its daytime playlist-based programming is adult contemporary or AOR, although the station also broadcasts other specialist musical genres.

BBC Radio 2はBBCの全国放送の一つで、英国で最も人気のある放送である。日中の放送でかかる曲目の多くはアダルト・コンテンポラリーやAORだが、その他の専門ジャンルも放送している。)

The station's audience is now mainly adults over the age of 35 (82% of listeners) although in recent years it has attracted more younger listeners. Its daytime playlist features music from the 1960s to various current chart hits, album and indie music.

(主な聴取者は35歳以上(リスナーの82%)だが、近年は若年層リスナーの関心もひきつけている。日中は1960年代の曲から各種の最新ヒット曲やアルバム、インディーズものまで取り上げられる。)

 BBC Radio 2 - Wikipedia

 昨日の夜などは、寝付く前の一時、Johnnie Walker's Sounds of the 70sという番組でゆったりとしたDJ氏がクリスマスにちなんだ昔のいい曲をいい雰囲気で流すので、思わず聞き入ってしまいました。興味のある方は視聴してみてください。

www.bbc.co.uk