dods’ blog - 今と昔のノートブック

今の記録は情報提供。昔の記憶は話題提供。気ままに記します。

駅近商店街では新旧交代が激しいようです

仕事があった昨日、カメラを持って職場近くをうろうろしました。とってもレトロでオリジナルな住居表示の看板を以前見つけて、今日こそ写真撮っておこうと思ったから。

残念ながら、その地は建物自体が建て替え進行中でした。あの、いい具合のさび付き方をお見せできないのは本当に残念。

今日は休みなので気を取り直し、家族のお昼買い出し役をかって出て、次いでにご近所のプチ撮影を敢行。3つほど紹介します。

建物がすごく気に入っていた、近所のレトロな床屋さん。残念ながらこちらもお隣に引っ越しのようで、このお店も現役を引退のようです。

f:id:dods:20170416203949j:plain

2017.4.16 Fujifilm FinePix F10

 以前紹介した近所の銭湯も、どうなっているかなあと確認。こちらは無事に営業を続けているようでした。入口にはこのようなステッカー。国際化の波はこんなところにも波及しているようです。

f:id:dods:20170416204541j:plain

2017.4.16 Fujifilm FinePix F10

 

もうひとつ、我が家とは駅を挟んで反対側の商店街の話なのですが、5年前まで近所のマンションに住んでいた関係で、ここの移り変わりも自分には大いに関心事。

ここにあったのは、自己主張ゼロのボタン屋さん。洋服の修繕とかもしてくれて、コートのポケットが破れてしまったときに駆け込んだお店でした。でも今はこんな建物。

f:id:dods:20170416210045j:plain

2017.4.16 Fujifilm FinePix F10

 写真を撮った時は電線とその影がじゃまだなと思ったのですが、コンクリートに開けられた丸い穴と妙にマッチしていることに気づいた次第。

それにしても、僕のコートを見事に直してくれたおばあさんははたしてここに住んでいるのでしょうか。