読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

dods’ blog - 今と昔のノートブック

今の記録は情報提供。昔の記憶は話題提供。気ままに記します。

村上春樹を英訳本でしか読まなくなったことについて

読書 英語 雑記

村上春樹の新作が話題になっています。愛読する小田嶋隆氏のツイッター記事にまでこんな風に取り上げられたり。

これは安倍首相の奥さんが開校予定の森友学園系列小学校の名誉校長を辞任する時事ネタにかけての一文。上手い。ところで 以前私は村上春樹の英訳本を趣味で読んでいるとの記事を書きました。

この話にウソはないのですが、大事なことを書いていませんでした。それは自分がある時から村上春樹の原作を読むことを全くやめたこと。春樹氏の原作を読んだ最後が「海辺のカフカ」だったと記憶しています。

そのあたりから、新作が出るたびに大騒ぎとなり、マスコミも面白がって報道し始めました。ノーベル文学賞候補の噂が出てきてからは、新作発表イコールねつ造気味の社会現象化していると言えないでしょうか。

村上ファンには違いないが、自分が読みたい理由と世間の大騒ぎとはやや違う。それにかならず英訳も出版されるし、ここは少し間をあけて英訳を待つとするか、と決め込んだのはあの「1Q84」の原作が発売された2009年。

英訳本がペーパーバックで発売されたのは2012年だから、3年お預けを食ったわけです。でも幸いなことに、これはBook1からBook3までを通しで収めた1冊本で、Book3のお預け(原作本は2010年発売)からは結果的に免れました。

大騒ぎも済んだあとにひっそりと読み始めるのもいいものです。加えて、登場人物のネーミングが英語だと全然違う雰囲気なのも面白い。”1Q84”だとラブストーリーを演ずる二人はAomameとTengo。原作は漢字だろうかと、本屋さんで確認したくらいです。

目下、5月に発売予定の「女のいない男たち」の英訳本を楽しみにしているところ。最新作の英訳はその後だから、まだまだ楽しみが長引きそうです。