読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

dods’ blog - 今と昔のノートブック

今の記録は情報提供。昔の記憶は話題提供。気ままに記します。

ポール・オースターの新作

先週注文したポール・オースターの新作"4 3 2 1"が昨日届きました。

4 3 2 1

4 3 2 1

 

発売は1月31日、お届け予定は2月8日以降だったのにもう届いたのにびっくり。箱がずいぶん重たく、開けてみると866ページの大作だったのにもびっくり。さらに、記事にするためもう一度アマゾンのサイトを見たら、ペーパーバック版の価格が一週間で800円も値上がりしているのに三度びっくり。

読み始めたばかりなのですが、おそらく"The Invention of Solitude"(「孤独の発明」)に始まり、近著でも筆者がたびたび触れている、父や祖母などの家族史に関わるノンフィクション風の内容みたいです。

めったにやらないことなのですが、家系図と登場人物の個人史をメモに取りながら読み進むことにしました。それにしても866ページ。読み終わりはいつになってしまうのでしょう。