dods’ blog - 今と昔のノートブック

今の記録は情報提供。昔の記憶は話題提供。気ままに記します。

冬の妖精

意図せず、あるメロディーが頭の中で繰り返し流れること、ありませんか? その時の流行りの曲や、自分が繰り返しプレーヤーで聴いてる曲なら納得できる。そうでなく、昔聞いたのは確かだけど、なんで今歌っちゃうのオレ? みたいなこと。

この2、3日、正しくそんなことが起きてます。朝起きた時とか、していることを別な何かに切り替えようとする刹那、なぜかこの曲が頭に流れ出すのです。


松田聖子 冬の妖精

少なくとも20年は聞いていなかったこの曲。なのになぜ? の感でいっぱいです。

聖子ちゃんの冬を軽快に歌う様が季節感にマッチした面もあるでしょう。大瀧詠一一座の聞きなれたメロディラインが理由かもしれない。最近のラジオでJpop懐メロの流れる場面が増えてきたのが関係しているかも。

なぜなのか、本当のところは自分でもわかりません。でも、そういうことがあったって全然OKじゃないですか、とぜひ言わせてください。(言ってください...)