読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

dods’ blog - 今と昔のノートブック

今の記録は情報提供。昔の記憶は話題提供。気ままに記します。

キャリー・フィッシャーの訃報

大変残念な知らせですが、米女優キャリー・フィッシャーさんの訃報が昨日から報じらています。

ご覧のように、ほとんどの報道は肩書が「スター・ウォーズレイア姫役」です。若くして出世作をつかんだのですから、当然と言えば当然です。スター・ウォーズには関心がゼロに近い自分にとっても、キャリー・フィッシャーの死は惜しいにつきます。

自分にとって彼女の一番の印象はウディ・アレン監督「ハンナとその姉妹」(1986)のエイプリル役の彼女。

ハンナとその姉妹 - Wikipedia

次女ホリーの友人という役柄。自分がウディ・アレン好きで、この作品がかなりの作品(アカデミー賞3部門受賞)だったことを差し引いても、メインではない彼女の役柄とその演技がとても印象に残っています。