読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

dods’ blog - 今と昔のノートブック

今の記録は情報提供。昔の記憶は話題提供。気ままに記します。

オリンピック報道を見ていて考えたこと

家族に話しても賛同を得られず、思わずここに記したくなりました。それはオリンピック報道の偏りというか、ストーリー重視の報道姿勢について。

この2、3日、卓球女子団体のメダル獲得の報道がテレビや新聞に溢れていたのは皆さんご承知の通り。団結、涙、雪辱などなど、彼女たちの戦いを物語に仕立てる手際には恐れ入ります。

愛ちゃんのインタビュー、思わず感情移入してしました。CMとは違う、闘争心溢れた佳純ちゃんの表情にも見惚れました。でも一夜明けて、もう一つの快挙を知り、考えてしまいました。というか頭を冷やされました。

f:id:dods:20160818213206p:plain

8月18日(木)のハイライト - リオオリンピック特集 - Yahoo! JAPAN

メダルの色とか数とか、無粋な話はしたくありません。でも、こちらの3人の報道は総じて淡々としてます。彼女たちの快挙にスポットを当てたいみたいですが、慌ててかき集めたエピソードで無理して盛り上げている感じ。

今のテレビ、新聞、そしてラジオも恐らく、出来事を幅広く伝えることより、世の中のとりあえずホットな関心に迎合して、なんとか手持ちの材料をそちらの方向へ全力投入しようと、非常にあくせくしてるように思えます。

これがオリンピック報道なら、まあ個人ブログの余談くらいで収まるものの、国や世界を揺さぶるテーマで行われているとしたら… と余計な心配もしたくなります。