読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

dods’ blog - 今と昔のノートブック

今の記録は情報提供。昔の記憶は話題提供。気ままに記します。

イギリスのランチタイムは1時始まりでよろしいですか?

英語 雑記

日本では、例外的なケースを除けば、「お昼ご飯は通常12時台」と言ってもみなさん納得されるのではと思われます。ついでに日本でお昼のニュースと言えば、12時辺りのニュースを指すのが常識でしょう。

さて今回のテーマ。きっかけはこのブログで何度か話題にしているBBCニュースから。平日の夜、インターネット経由で見ることが多いのですが、最近あることが気になり始めました。

それは日本時間午後9時、現地時間午後1時のニュース(BBC News at One)に関して。アンカーは毎回必ず、ランチタイムのニュースだとアナウンスしています。

f:id:dods:20160804225814p:plain

参考までに、正午のニュースはnoonのアナウンスだけで、ランチタイムの話はなし。

1時にランチタイム? これがそもそもの疑問。最初に疑ったのは、夏時間との関係。ご存知の通り、イギリスではサマータイムが採用され、3月末から10月末まで時計の短針を1時間進めます。

本来は正午だから、夏時間の1時をランチタイムとアナウンスしてるんだ、こう早合点しました。でもこれはまったくの誤りのようでした。

どうやら1時のランチタイム問題はイギリス人の紅茶好きと関係しているようです。いわゆるイレブンシス(Elevenses)、午前11時ごろにお茶と軽食を取る習慣なのですが、その伝統が影響して、ランチの時間が正午より後にズレ込んでいると考えられます。

加えて、19世紀中期以前の農耕社会において、また労働者階級にとってはそれ以降も、いわゆるディナー(dinner)が夕食ではなく昼食を意味していたそうで、そういった昼食メインの歴史的経緯もあって1時ランチタイムができあがったと思われます。

ただ、当地イギリスでも昼食の取り方は多様化が進み、あれこれサイトを見た限りでは内容、時間帯ともに曖昧となっているようです。ですので詳しい方にはぜひ、お教えいただきたいと思います。イギリスのランチタイムは1時始まりでよろしいですか?