dods’ blog - 今と昔のノートブック

今の記録は情報提供。昔の記憶は話題提供。気ままに記します。

コミックストリップは良質な英語教材です

英語漫画は英語の勉強に結構使えると思います。ただ題材選びが肝心でしょう。新聞などに連載される4コマ漫画などのコミックストリップ(comic strip)はコンパクトな見かけ、シンプルな内容で、そのまま教材として使えます。

インターネット時代、そんなコミックストリップが手軽に読めるサイトを探したところ、やっぱりありました。確かな事情は分からないものの、いずれも、米国内で今もどこかの新聞に連載されている漫画のようです。

http://comicskingdom.com/comics

http://www.gocomics.com/

実にいろいろなコミックストリップが掲載されています。基本は1コマか3、4コマの漫画。ところが週に一度は少し長めの拡大版。英字新聞の日曜版でご承知の方も多いと思います。そのまま収録されているようです。

ただ、英語学習者にとっては、風刺が効きすぎていたり、最新の政治ネタや流行事情を扱った漫画は難しい(でもそんな漫画が多い)。どちらかというと、キャラクターが動物や子供で、日常生活や家族が話題だと入りやすい。

そんなコミックストリップのうち、一番のおすすめは、新規連載終了後もなお掲載が続くBill WattersonのCalvin and Hobbes。英語の分かりやすさから、知らず知らずのうちに、彼らの世界に入れます。

とりわけ、次に引用したエピソードのように、ホッブスがあるときは生き生きとしたトラ、あるときはかわいいぬいぐるみなのはなぜ?の秘密が解けると興味が倍増することでしょう。

f:id:dods:20160714220849p:plain

http://www.gocomics.com/calvinandhobbes/2016/06/17から。