読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

dods’ blog - 今と昔のノートブック

今の記録は情報提供。昔の記憶は話題提供。気ままに記します。

北海道新幹線開業で思い出した炊事遠足

朝から北海道新幹線のニュースで盛り上がってます。夕刊のトップもズバリ「北海道新幹線 開業」。北海道ネタに接しても「あっ、そうなの」的な、離れて30年以上になる私ですが、今日は祝福ムード。

北海道から遠く離れた近所のスーパーでも、今日は祝新幹線開業!函館・青森フェアをやってました。お昼は新函館北斗駅の大玉ほたてと大漁ウニ弁当。

f:id:dods:20160326210157p:plain 吉田屋の駅弁

フェアにはサッポロクラシックもあり、6缶パックを格安で買って帰りました。じゃあ、ということで、今日の夕ご飯は、家族でジンギスカンに決めました。ここからが本題。思い出したのが炊事遠足の記憶です。

年に1回、確か小学校4年生くらいから、クラスメート数人で班を組み、食材、鍋類、燃料持参で、学校からバスに乗り、郊外の河原に出かけてました。河原で石を組み、そこに木炭とか固形燃料を置いて炊事開始です。

f:id:dods:20160326215930p:plain 十五島公園へ

炊事するのはカレーライスかジンギスカンが定番。でもカレーだと、煮えるのに時間がかかり、遊ぶ時間が減る。だから自分の班は常にジンギスカン。当時ラム肉100グラム55円だったことまで覚えています。

遊びに熱が入り過ぎ、自然を満喫しようとした斎藤君たちが川の水を手ですくって飲んだことから、先生たちを慌てさせたこともありました。今となっては、すべてが良い思い出です。