dods’ blog - 今と昔のノートブック

今の記録は情報提供。昔の記憶は話題提供。気ままに記します。

ロシアより郷愁をこめて

休みなので、みなさんどんなブログを書いているのか、初めて新着エントリーを遡ってみました。何となくここに集まる方々の思いがつかめた気がします。

ところで、素敵なタイトル画像を入れている方が多いので、自分も挑戦。写真撮りにいく余裕もないので、PAKUTASOさんで探す。ジャンルは街並み、それとも自然? などと思案。キーワードにあれこれ入れ、決まったのがこの風景です。

北国育ちで、一年の半分近くが冬だった気がします。猛吹雪のなか、防風林に守られ集団下校したことも思い出します。でも冬は好きでした。深夜にラジオを聴き、だらだら受験勉強をしたのも確か冬のこと。聴いてきたのはモスクワ放送。

今でもなのか、出身地では夜になるとガンガン入ってきました。物知りの中山君によるとハバロフスクに送信所があるとのこと。ロシア語は勉強の妨げにならず、あとは音楽のみ。当時のソ連の音楽事情は分かりませんが、なぜか郷愁を帯びた曲が多く、とても気に入ってました。こんな感じでした。貴重な記録です。


BCLラジオ/インターバルシグナル・ID特集 - ロシア編1

私も、あのころ聴いた、当時のソ連の素朴な放送が今のインターネットラジオで聴けないか早速探してみました。ラジオ局のグローバル化も進んでいるようで、ロシアの放送局もロックとかダンスミュージックが多いなか、ロシア正教の教会系の放送局にその味を残している局がありました。Tuneinから。

Radio Glagol Так поёт только русская душа!mata

また、どういうわけか米国にもロシア語のweb放送があり、これも当時を思わせます。こちらはStreemaから。

Russian Bards United States

きっとまだあることでしょう。これからゆっくり、あれこれ試すつもりです。あと、気づいたのですが、インターネットラジオは、遠くの放送になればなるほど、パソコンよりスマホのアプリ(アップルではstreamaはSimple Radioと呼ぶよう)で聴くほうが落ちないみたいです。