読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

dods’ blog - 今と昔のノートブック

今の記録は情報提供。昔の記憶は話題提供。気ままに記します。

教材としての無料サーバー2 英国系

無料サーバー ネットワーク

では実際にどんな無料サーバーで何をしたのか紹介してゆきます。ところで、手っ取り早く使える無料サーバーの多くは海外ものです。国内ものの利点はスピードくらいで、多くの場合、きちんと身元を明かした上で審査を受けなけらばなりません。お試しが想定されていない。その点、海外サーバーはおおらかです。

さて今回は英国系のサーバーを二つ紹介します。0fees.usbyethost.com。サイトには英国系と明記されてはいませんが、使用しているブラウザ(Firefox)のアドオンFlagfoxで調べるとサーバーの所在地がわかります。

f:id:dods:20160308174719p:plain 0fees.us

 

f:id:dods:20160308174916p:plain byethost.com

この二つのサーバーは同系列のものらしく、登録の手順はほとんど同じです。住所、氏名の確認は一切なく、入力するのはメールアドレスとパスワードのみ。それからこの2つサーバーの売りは、Softaculousというサーバーソフトのインストール機能。何十というソフトのインストールと、裏でデータベースの作成を同時にやってくれることです。使うとわかりますが、Softaculous様々です。

今後紹介してゆくサーバには、アカウントを1つとり、必ずWordpressをインストールすることにしました。Wordpressでは全体のデザインをテーマと呼び、比較的簡単に着せ替えが可能です。これからの紹介では敢えて異なるテーマを選びました。

f:id:dods:20160308180726p:plain dods2016.0fees.us

f:id:dods:20160308182211p:plain  dods2016.byethost7.com

さてこれらのサーバーの評価ですが、どちらも遠距離なためか少々重たい気がしますが、それ以外の働きは上々ですので

★★★★

といったところでしょう。