読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

dods’ blog - 今と昔のノートブック

今の記録は情報提供。昔の記憶は話題提供。気ままに記します。

BGM好き

小さい頃、親に連れられて行ったスーパーマーケットとかで、聞こえていたBGMがすごく印象に残っています。ほんの3、4歳だったと思います。だからそれは曲の中身とかではなく、聞いていて快感になった記憶と言ったほうが正確でしょう。

でも気になるのは、何が流れていたか。バカラックとかフランシス・レイだったような気がしますが、それはあくまでも後付けの知識。ロックもJpopも好きだけど、自分が今でもBGM好きなのは、きっとあの頃に始まったんだなあと思います。

BGM好きの本質は、曲の中身ではなくて、心地よい音楽が流れているぞ、という雰囲気を味わっていると言えましょう。英語ではelevetor musicとかMuzakとか言われ、あまりいい扱いは受けていません。

でも、たとえば豊富なラジオ局を抱えるアメリカでは、BGM専門局も結構あります。私の一番のお気に入りで、ついつい聴いてしまうのは、フロリダ州WKTZ-FM。 

http://jcr.jones.edu/index.php/the-music/

あと、ジュークボックスの歴史をたどると、seeburgというマシンが出てきます。1949年に登場した Seeburg 3W1 は100曲を内蔵できるマシンだったそうです。ところが、今なおseeburg 1000の名でBGMのストリーミングをやっているのをこの前見つけました。聴いてみると、本当に刺激の少ないBGMを流し続けるサイトです。

Seeburg 1000 Player | On The Air

この1000は千曲流すぞ、という意味のよう。画像を載せましたが、クラシックなジュークボックスの写真がよくないですか? 夜中に目を覚ましてしまったけれど、何か聞きながらリラックスして再び眠りたい、そんなときにぴったりのサイトです。実は昨晩の私がそうでした。

f:id:dods:20160210223621p:plain