dods’ blog - 今と昔のノートブック

今の記録は情報提供。昔の記憶は話題提供。気ままに記します。

シャッター・チャンスとシャッター・マナーについて考える

今週は外の仕事が多く、基本的に往来時に考えている事と言えば、まあ仕事についてなのですが、それでも通り過ぎるお店なんかの雰囲気に通り過ぎてから気になり、戻って写真を撮ることも。

 

こちらは今日の写真。「本店」に呼ばれてその帰りに写しました。ハッキリ言ってボツ作品。お店のドアが鏡になってしまい、道を走るクルマが写り込んでいる。

 

f:id:dods:20190523213039j:plain

 2019.05.23 Fujifilm X100F

 

本当は、自分がここを通り過ぎたとき、このカレー屋さんを切り盛りしているのであろう外国人(多分左上の国旗の方)がこのドアを内側から一生懸命磨いていて、いい感じに見えました。

 

数メートル先でカメラを持っていることを思い出し、慌てて戻って写すも、マスターらしき方は消えて、ワゴン車の後ろ姿に変わってしましました。いい作品になった保証はありませんが、こんな風にシャッター・チャンスを逃すことがままあります。

 

こちらは月曜日に鎌倉で仕事があり、その帰りに写した写真。最寄り駅に電車が来るまで時間があり、駅前をうろうろしていて、素敵なテイクアウト店を見つけて写しました。

 

f:id:dods:20190523214401j:plain

 2019.05.20 Fujifilm X100F

 

写した直後、お店の人に「取材か何かですか」とやや不審がられました。こちらも観光客然とした格好なら、声は掛からなかったかもしれません。でも私はこのとき、スーツにネクタイと、割とフォーマルな服装をしていました。

 

たかが趣味の写真とはいえ、たまにチャンスが転がってきます。あとから「あれ撮っておけば...」と思う前にカバンからカメラを出したい。ただ、シャッター・マナーを守ることも大事だと感じた今週でした。

 

 

新緑の境内の昼、季節を楽しむ夜

職場が変わり、毎朝通る職場への道の途中の神社。神社だけに平日も朝早くから開いているけど、こちらに余裕がないのでいつも素通りでした。土曜の今日、昼前に職場に行く用事があり、初めて境内を撮影させてもらいました。

 

f:id:dods:20190518213005j:plain

 2019.05.18 Fujifilm X100F

 

夜、買物途中に通ったいつものショッピングモール。冬、寒々としていたエントランス前の広場でも、夏が近づき、思い思いに楽しむ姿を目にするようになりました。

 

f:id:dods:20190518214432j:plain

 2019.05.18 Fujifilm X100F

 

 

連休無為三昧あと写真を少し

この10連休、1日だけ昼から職場に行った以外、ほぼ完ぺきに休めました。この2年ほど、夏も正月もこんなに休めなかったのでありがたい限り。どこに出かけるわけでもなく、やり残した片付けや明日からの仕事の準備などをして過ごしていました。

 

いつもは土日に務めているお昼ご飯係をほぼ10日間、毎日やってました。その折は必ずカメラ片手に出かけ、買物ついでに、出たとこ勝負で近所を写してました。通りのお花に加えて、お隣さんの鯉のぼりや、牛丼屋さんの店内なんかも。

 

f:id:dods:20190506231030j:plain

 2019.05.05 Fujifilm X100F

 

f:id:dods:20190506230959j:plain

 2019.04.28 Fujifilm X100F

 

f:id:dods:20190506231208j:plain

 2019.05.05 Fujifilm X100F

 

f:id:dods:20190506231250j:plain

 2019.05.04 Fujifilm X100F

 

f:id:dods:20190506231344j:plain

 2019.05.05 Fujifilm X100F

 

連休海岸散歩

当地では連休なのに天候がすぐれません。大した庭じゃないけど、放って置いた庭仕事をやろうにも、雨が邪魔します。それでも5日目の今日、スーパーのポリ袋5袋分を吐き出し、なんとか今日の午後で片付きました。

 

南の方のお店に用事があり、ついでに海岸まで足を延ばました。以前にもカメラ持参で何度か来ている所。海水浴シーズンにはまだ先ですが、サーファさん達は年中無休。見守っている姉弟はそのお子さん達でしょうか。

 

f:id:dods:20190502224616j:plain

 2019.05.03 Fujifilm X100F

 

相変わらず、飼い犬を散歩させている方が多いです。この黒ワンちゃんには、どういう訳か自分は気に入られたようで、自分のそばからなかなか離れようとせず、飼い主を困らせていました。

 2019.05.03 Fujifilm X100F

 

f:id:dods:20190502225223j:plain

 2019.05.03 Fujifilm X100F

 

前回来たときは、猫が目立っていた記憶がありますが、今日はカラスが幅を利かせていました。海を見つめていたり。

 

f:id:dods:20190502225358j:plain

 2019.05.03 Fujifilm X100F

 

自販機を管理していたり。

 

f:id:dods:20190502225447j:plain

 2019.05.03 Fujifilm X100F

 

 あと、浜辺の入り口付近に、見慣れない野草の群生がありました。とってもかわいい花を咲かせてました。

 

f:id:dods:20190502225552j:plain

 2019.05.03 Fujifilm X100F

 

気になって、あれこれ調べたら、これは「ハマダイコン」という、海岸なんかに生える大根が野生化したものらしいです。近寄るとこんな花でした。

 

f:id:dods:20190502225847j:plain

 2019.05.03 Fujifilm X100F

 

寄り道に思わず時間をかけてしまい、こちら海岸公園も、夕景へと景色を変えていました。

 

f:id:dods:20190502230531j:plain

 2019.05.03 Fujifilm X100F

 

時代の節目に、世界への発信は大丈夫かと感じた今日

連休ということで、近所の図書館は毎日営業してくれています。入口には向こう二か月の開館日を知らせるカレンダーと、いつもはちょっとしたお知らせ用のイーゼルが置かれていています。今日のイーゼルにはこの掲示

 

f:id:dods:20190501220012j:plain

 2019.05.01 Fujifilm X100F

 

上手な字です。

 

ところでこの新元号の英語説明に関して、外務省は ”beutiful harmony” などと伝えているそうです。かなり無理があると思います。英語教育の世界では「発信力」が強調されていますが、政府が海外に向かってこんなあいまいな発信をするなんて...

 

 

休みだったので、庭仕事をしながら BBC の World Service を聞いていたら、こちらでは新元号を "order and harmony" と表現してました。外務省訳に比べ、極めて納得のいく英訳。英語を勉強する日本の中学生・高校生にとっても誤解なく理解できるはず。

 

ついでですが、即位後の新天皇のお言葉もほぼリアルタイムで BBC では報道していました。今日の昼ごろ庭仕事をしながら聞いていたのですが、多分外務省の通訳さんの音声がそのまま流れてていました。

 

World Service が外国語の発言につける通訳に比べ、違和感がありましたね。原因の一つは、日常語(“Thank you" など)と、めったに聞かない皇室用語(王室用語の借用?)が混在していたこと。簡単に言うと、訳がこなれていない感じ。

 

政府には、ぜひ、もっと洗練された発信力を発揮し、日本の英語教育界にも影響を及ぼしていただきたいものです。