dods’ blog - 今と昔のノートブック

今の記録は情報提供。昔の記憶は話題提供。気ままに記します。

仕事で向かった羽田空港では今年もちょっとした発見があった

今日は見送り仕事で羽田空港に向かい、仕事が済んだ後は6階の展望デッキをブラつきました。実は一年前も全く同じことをして、ブログに記事にした記憶があります。見送り後の解放感、なかなか良いです。

 

休日だったせいか、展望デッキには望遠レンズを装着したカメラ小僧(いや、カメラ親爺)が大勢いました。コンデジの自分も負けじとワンカット。

 

f:id:dods:20190113210931j:plain

 2019.01.13 Fujifilm FinePix F10

 

展望デッキに集まった大砲持参の親爺さん達を見ていると、着陸、離陸に関心があるようで、自分もちょっとその真似事をしてみました。

 

f:id:dods:20190113211243j:plain

 2019.01.13 Fujifilm FinePix F10

 

その後ぷらぷらしていたら、もっと上の、ガリバーズ・デッキへ行けることに気づきました。去年は気づきませんでした。それとも第2ターミナルには無いのでしょうか。

 

f:id:dods:20190113211844j:plain

 2019.01.13 Fujifilm FinePix F10

 

トップ・オブ・羽田をうたうくらいです。興味津々で階段を上がりました。結論、まあまでした。一つ勉強になったのは、管制塔が、トップ・オブ・羽田のはるか上に見えたこと。まあ、当然ですよね。管制塔の右隣にスカイツリーが見えた方は大したもの。

 

f:id:dods:20190113212326j:plain

 2019.01.13 Fujifilm FinePix F10

 

羽田空港に来るたび(先週も来たばかりなのですが)思うのは、機能を追求し建造した施設の美しさ。随所に曲線と直線の主張のし合いを発見します。

 

f:id:dods:20190113212838j:plain

 2019.01.13 Fujifilm FinePix F10

 

f:id:dods:20190113212916j:plain

 2019.01.13 Fujifilm FinePix F10

 

そんなわけで、仕事としては連休を断ち切る格好でしたが、それなりに楽しんで帰って来た今日でした。ただ午後は、毎週日曜のお勤め、家の掃除でちょっとタイトでしたが...

 

実家の雪とミニスキーと山わさびについて

みなさま、明けましておめでとうございます。今年もまた、思いつきであれこれ記事にしますので、どうぞお付き合いください。

 

お正月の三が日、2年半ぶりで実家の北海道に帰ってきました。80代前後の父母はまだ健在とは言え、父親は雪かきの大変さを訴えていました。近所では年老いてから一戸建てを離れ、マンション暮らし始めるご老人が多いそうです。

 

f:id:dods:20190103201355j:plain

 2019.01.02 Fujifilm FinePix F10

 

参考までにこれは2日に写した実家前の写真(芸術性はゼロですが)。道路の除雪は自治会が業者に委託。除雪車が盛り上げる家の前の雪を片付け、玄関までの通路を確保するのは各家の仕事。父親の訴えるのもこの部分。道路に戻すわけにもいかず、雪は結局近所の公園とかに運ぶしかない。

 

f:id:dods:20190103202240j:plain

 2019.01.02 Fujifilm FinePix F10

 

こんな感じです。実はこの公園、それほど大きな敷地ではないものの、小学生時代の思い出の舞台。夏には盆踊りが催され、踊りそっちのけで夜に友達と遊ぶ楽しさを満喫しました。そして冬は、雪に覆われた公園内の築山でミニスキー三昧。

 

「ミニスキー」と聞いてピンとくる方、同世代の北海道出身の方と想像します。三、四十センチ程度の長さで、長靴にベルトと止めて使います。すぐ折れるのが難点。これが小学校2年生くらいから爆発的に流行しました。自分も何度も買いました。

 

 

こんな感じの製品です。実は、このミニスキーに長けていたおかげで、とても役立ったことが一だけあります。大学から南関東に住み始め、初年の感想は長い秋が過ぎると春が来た。ところが2度目の冬は当地にしては寒く、雪も降ったりしました。

 

坂道を登り切ったところにあるアパートに住んでいた自分が、その冬の朝、大学に行こうとすると道は完全に凍り付いてました。もう30年以上も前の記憶なのですが、直線の下り坂は「ミニスキー」感覚で、スルスルっと、転ぶことなく降りられましたね。

 

昔の記憶をもう一つ。それは山わさび

 

帰省中、父親と近所のスーパーに買い物に出かけました。ふと思い出し、山わさびは売っているかなと探したら、ありました。それも、千歳空港とかで買うよりも破格の価格で。

 

昔我が家では「根わさび」と呼んでいました。実家が建ったのは昭和40年代半ば。農地の中に出現した戸建て団地の一軒でした。少し離れると見渡す限りの水田地帯。用水路脇とかを探すといくらでも山わさびが見つかり、持ち帰り庭に植ええたりしました。

 

すりおろし直後はとても辛いけど、和わさびの辛さとはちょっと違います。子供心にこっちの辛さの方が好きでした。当時一番好きだったのは、なすをタテに切ってフライパンで焼き、山わさびをたくさんのせ、しょうゆをかけていただく料理でした。

 

大人になり、ローストビーフに「ホースラディッシュ」なる薬味をつけることを知りました。この味、ビネガーが足されているようですが、どう考えても山わさびです。あれこれ調べてもそのよう。もう20年以上前になりますが、ロンドンに行ったとき、ビン詰めのホースラディッシュを見つけて、買って帰りました。

 

山わさびはその後、何かの拍子で、お土産用として北海道で売られ始めます。でも、千歳空港とかで買おうとすると、ビックリするような値段。それより道内のスーパ―で買う方が断然安い。そんなわけで帰省の折、機会があれば買って帰るようになりました。

 

実家近くのスーパーで見つけたのは、北見市常呂町木屋農産さんの山わさび。190円。買って帰りました。驚いたことに、amazonにもありました。

 

山わさび1パック 70g?100g (北海道産山山葵) 北海道特産グルメ

山わさび1パック 70g?100g (北海道産山山葵) 北海道特産グルメ

 

 

実は、このスーパーではもう一つ、マルちゃんダブルラーメンも同僚の田中君に買って帰りました。北海道名物インスタント部門で有名なのは焼きそば弁当で、認知度も高いのですが、同じ東洋水産でも、このダブルラーメンはまだまだレア。当然、千葉出身の田中君も知りませんでした。明日、どうだ!とあげる予定。

 

 

 

あれこれしていたらもう大晦日

28日(金)の仕事納めから一転、土曜、日曜、月曜と仕事は基本我が家の掃除。あとは年末になるとやっている、靴底の補修などで、気がつくと大晦日。それでも今日の夕方は息子とスーパー銭湯でゆっくりしてきました。

 

靴の話から。お気に入りの革靴数足を交代で履いてます。1年も経つとどれも靴底の踵あたりがすり減るので、ここ数年はこれで補修しています。意外としっかりついてくれるので、1年安心して履けます。

 

 

昨日、近所のDIY店でこれを買うついでに、窓掃除に何かいいのないかと探したら、こんなのを見つけました。やはり毎年この時期、窓掃除がボロ布は沢山いるわ、拭きムラは残るわと憂鬱の種でした。

 

激落ちシート窓用 15枚 SS-037

激落ちシート窓用 15枚 SS-037

 

 

値段から考えると、この商品の使い勝手の良さは相当なものです。今日、朝から窓掃除をやっていたのですが、予想に反して、お昼までで全部済んでしまいました。

 

そんなわけで気をよくして、家族でお昼ご飯の相談。年越しそばにしようということになり、奥さんが買っていた乾麺をゆでる間に、自分は近所のスーパーに天ぷらを買いに出かけました。いつものようにカメラを持参して。

 

早々にお正月飾りをつけてお休みのお店も多かったです。このお店(居酒屋)もそうで、実は以前も店構えを写させてもらったことがあります。最近、店先に気になるポスターが貼られていて、写してきました。

 

f:id:dods:20181231223209j:plain

 2018.12.31 Fujifilm FinePix F10

 

この2枚のアサヒビールのポスター。なんとも味があります。

 

ところで、海老天を買いにお昼出かけたスーパ―はすごく混んでいました。殺気立っている言っていいほど。このスーパーは明日の元旦も営業するというのに。節目の今日済ませなければいけない買物がみなさんおありなのでしょう。

 

そして夕方、息子と行ったスーパー銭湯もやっぱり超満員でした。湯舟にスペースがなく、仕方がないのでサウナ室に入ると、同じ事情で息子も後から入ってきました。こんな日は、誰でも同じような行動をとるようですね。

 

この一年間、このブログにお付き合いいただき、お礼申し上げます。来年もこれまで同様、思いつきであれこれ載せさせてもらいますので、よければお付き合いください。

 

f:id:dods:20181231224520j:plain

 2018.12.31 Fujifilm FinePix F10

 

仕事が収まり年末年始休みも到来。嬉し。

カレンダーのせいなのか、この年末年始は休みが少なく、ずいぶん働かされてます。昨日が仕事納め。次の出勤は1月4日。今日から6日間のお休みが始まりました。

 

毎年のことながら、今は一年でも日中が一番短い頃。朝6時半の出勤に合わせ起床するも、家じゅう暗いこの時期は何だかさみしい感じです。4日前になりますが、クリスマスの25日、日の出前の我が家前を出勤前に写しました。

 

f:id:dods:20181229210154j:plain

 2018.12.25 Fujifilm FinePix F10

 

関東では比較的温暖な当地ですが、最近はなんだか寒く、遠くにいる昔の友人にそんな報告を年賀状でしたところです。でも、休みに入った今日はなんだかとても良い天気。寒いは寒いのでときどき雲も発生しますが、基本全面スカイブルー。

 

f:id:dods:20181229210939j:plain

 2018.12.29 Fujifilm FinePix F10

 

ご近所では、この時期形よく実る蜜柑が日を浴びてました。

 

f:id:dods:20181229211256j:plain

 2018.12.29 Fujifilm FinePix F10

 

イチョウ並木の葉も落ちて

昨日も「本店」に用事があって、夕方出かけました。その前の「支店」の会議が長引き、遅刻してしまいましたが。でも、向かう電車の車窓には、冬至間近の綺麗な夕暮が広がっていました。

 

「本店」前の大通り。並木のイチョウの葉も、残りわずかになりました。この秋から冬にかけて何度も目にしたこの風景。不思議な愛着が湧き、ここに来るとどうしても写してしまいます。

 

f:id:dods:20181222233732j:plain

 2018.12.21 Fujifilm FinePix F10