dods’ blog - 今と昔のノートブック

今の記録は情報提供。昔の記憶は話題提供。気ままに記します。

十三夜に曇りなし

本日は年に一度の十三夜。ご存知でしたか? 日没後、買物で家を出るといい月が見えます。たまたま通りかかった初老の男性が「十三夜か...」とポツリと言います。ネットで確認すると本当でした。おじいさんに感謝。

 

ついでに知ったのが、タイトルの「十三夜に曇りなし」。これも当たってます。当地では本日、朝から晩まで快晴でした。いつものように、お昼ご飯の買い出しに家を出ると、絵にかいたような快晴の空。

 

この時期のこの空は...なんて考えていたら、自転車ファミリーが目の前を行く。前後の会話は分からないけど、お父さんは子供らに「秋晴れ」という言葉を説明。そうそう、この空は、秋晴れ。

 

以前の投稿でもそんなこと言った気がしますが、快晴の快晴たる所以(ゆえん)は、高度が上がれば上がるほど青さが深まる空、などと勝手に定義させてもらうと、本日は近所のどこを写してもそんな感じでした。

 

f:id:dods:20181021211244j:plain

 2018.10.21 Fujifilm FinePix F10

 

f:id:dods:20181021211312j:plain

 2018.10.21 Fujifilm FinePix F10

 

f:id:dods:20181021211344j:plain

 2018.10.21 Fujifilm FinePix F10

 

日が暮れてから、再び買物で外出。そこで十三夜のおじいさんに遭遇したのは先ほど書いた通り。定点観測的ですが、いつものショッピングモール前のスナップも投稿します。大人は通り過ぎ、子供ははしゃぎ、空は見えないけど、十三夜の月でした。

 

f:id:dods:20181021214019j:plain

 2018.10.21 Fujifilm FinePix F10

暑かった夏を締めくくるダイナミックな夕暮

これも台風のせいなのですが、先週1週間で我が家の庭にも落ち葉が敷き詰められて、昨日、今朝と二日がかりで掃除。朝のゴミ収集にもなんとか間に合いました。狭い庭ですが、あんな大量の落ち葉を片付けたのは初めて。台風のダメージのすごさを知りました。

 

そうこうするうちに、当地はもうすっかり秋めいています。今朝も外にでた7時前は寒いくらいでした。一昨日の真夏日で、とうとう夏は終わったようです。

 

あの日の夕方、これも台風のせいで曲がってしまった物干竿の新調に、いつもとは違うショッピングモールに出かけました。長さを考えて、車ではなく自転車で行くことに。でもそれは杞憂でした。売り場の竿はすべて伸縮タイプ。自動車社会を忘れてました。

 

自分の身長ほどに縮めた竿2本を片手に自転車で帰る途中、空はちょうど日が暮れるところでした。竿を杖にしての撮影。暑かった今年の夏は、終わり方もちょっとダイナミックでした。

 

f:id:dods:20181009120758j:plain

 2018.10.07Fujifilm FinePix F10

 

f:id:dods:20181009120825j:plain

 2018.10.07Fujifilm FinePix F10

秋のような、夏のような

前々回も、そしてちょうど一週間前の前回も、台風関係の記事でした。あの台風24号にはその後、夜中の強風で我が家の植木を大きく傾け、翌午前は職場で開く予定の講演会をどうするか朝6時から講師の先生とケータイで相談するなど、個人的にも少なからずダメージを振るわれました。

 

エクステリアをお願いした会社の社長さんが見に来てくれて、幸い植木は折れてはいないとのこと。でも同様の相談が多いらしく、なかなか職人さんが手配できないそう。一方の講師の先生も、当日は無事職場に到着し、1時間遅れで講演は始められました。

 

そうしたら、今度は台風25号がやって来て、その影響で今日は太平洋側で気温が上昇しているとのこと。当地も真夏日になりました。空をみると秋のうろこ雲と夏の入道雲が同居していました。

 

f:id:dods:20181007151024j:plain

 2018.10.07Fujifilm FinePix F10

 

近所のショッピングモール前では子供らが10月の水遊び。

 

f:id:dods:20181007151150j:plain

 2018.10.07Fujifilm FinePix F10

 

一方で近所の公園には、この前の台風の影響なのか、桜の落ち葉がじゅうたんをつくってました。

 

f:id:dods:20181007151308j:plain

 2018.10.07Fujifilm FinePix F10

計画運休は3.11の計画停電を思い出させる

台風24号が日本列島を舐めるように通過しています。当地にも近づきつつあり、休みだったのでニュースをよく見てます。そんな今日、気になったことの一つが、中継時のお断りアナウンス。

 

「安全な屋内からお伝えしています」。前にも言われていたのかも知れないけど、今日はこれがやたらに目立ってます。中継のたびにこう言われると、逆にこの人たち、言わされてるな、やらされていな、と勘繰ってしまいます。

 

屋外でヘルメットなどつけての無理な中継は強いていません、働き方改革の流れも沿って中継させていますなど、台風報道以前に、放送局の舞台裏をあれこれ想像させてしまうレポーターの物言い。どうもしっくりきません。

 

余計な説明は要りません。それよりも、そこに今いるあなたが、伝える必要があると判断した情報を、順に伝えてください。現地でご苦労されているレポーターにそう伝えたい気がします。

 

もう一つ気になったこと。先の台風21号でJR西日本が行った予告運休を、今日は当地のJR東日本でも発表しました。21号の時も頭をよぎったのですが、この「計画運休」は3.11のときの「計画停電」を連想させます。

 

当時、一度につき3、4時間程度の停電だったとは言え、いやな時間を過ごした記憶が残ります。当時の計画停電がどれほどの計画性の元でとられた措置だったのか、案外場当たりだったのではないかの疑念が残ります。しっかりした検証がなされたという話も聞かない。

 

東電にしろ、JR東日本にしろ、非常時なんだから、なんでもできると考えてもらっては大間違い。なぜ、どうしてその判断に至ったかについて、簡潔かつ明快な説明がほしい。会見のリクエストを報道はしたのか、と思うのは自分だけではないでしょう。

 

f:id:dods:20180930200027j:plain

 2018.09.30Fujifilm FinePix F10

台風の接近する休日の土曜日

朝から雨が降ったり止んだり。そんな中、買物やら散髪やらで何度か外出しました。そのたびに、どこからかキンモクセイも香ってきます。盛夏を控えた梅雨とは違って、秋雨には奥ゆかしさを感じます。

 

写真は駅前にある、とても財布に優しい行きつけの美容室前で撮ったもの。車道は雨天休日恒例の大渋滞。歩道も降る雨に潤ってました。

 

f:id:dods:20180929205259j:plain

 2018.09.29Fujifilm FinePix F10