読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

dods’ blog - 今と昔のノートブック

今の記録は情報提供。昔の記憶は話題提供。気ままに記します。

ふしぎなキリスト教

余裕のある時に気になる本を片っ端から読もうと、夏休みや年末に近所の図書館で貸出制限いっぱいに借り、あれこれ読みます。「気になる本」とは、ちょっと勉強してみたい分野、気になる作者や筆者、話題になった本、タイトルにひかれたもの、等々です。 今回…

冬の妖精

意図せず、あるメロディーが頭の中で繰り返し流れること、ありませんか? その時の流行りの曲や、自分が繰り返しプレーヤーで聴いてる曲なら納得できる。そうでなく、昔聞いたのは確かだけど、なんで今歌っちゃうのオレ? みたいなこと。 この2、3日、正し…

すべての見えない光

小説とかを英語で読むと、自分の場合、日本語で読むよりも確実に時間がかかります。それでも原作を読んでみたい気持ちが勝る場合など、比較的時間に余裕のあるこういう時期に挑戦します。それに多少の勉強も兼ねて。 All the Light We Cannot See 作者: Anth…

冬の好天

穏やかなお正月が続いています。北国、それも日本海側の方はよくご承知でしょうが、冬に晴れの日が続くことはあまりない。小さい頃、冬なのに太平洋側、特に関東地方は毎日晴れているのがうらやましく思った記憶があります。 今ではそこに住む身となり、冬の…

年の瀬で思い出すこと

大晦日ですね。曜日の関係で、今年は割とゆったりとした年末年始になりそうです。 小さい頃は年の瀬といっても、親みたいに忙しいわけでもなく、部屋でラジオをつけながら遊んでました。買い物客で賑わう市場からの中継とかを、ピンとこないながら聴いてまし…

キャリー・フィッシャーの訃報

大変残念な知らせですが、米女優キャリー・フィッシャーさんの訃報が昨日から報じらています。 ご覧のように、ほとんどの報道は肩書が「スター・ウォーズのレイア姫役」です。若くして出世作をつかんだのですから、当然と言えば当然です。スター・ウォーズに…

今日はクリスマス

いつもの日曜日と同じく、家の掃除をしながらiTunesにため込んだポッドキャストの英語番組を聞いていました。2つほど、面白い話を聞いたので、記録しておくことにします。どちらもクリスマスの話題。 サンタクロースがフィンランド出身なのは日本だけ? PRI…

コート修理に挑戦

修理ネタが続きます。コート修理と言っても正確には、ダッフルコートのトグルを止める革ひもの修理。 GLOVERALL(グローバーオール)ダッフルコート Men's【512C-OG】[正規取扱] (38, BLACK) メディア: ウェア&シューズ この商品を含むブログを見る 買ったのは…

カバン修理に挑戦

仕事で愛用している、ヘインズのアタッシュケース。アタッシュケースと言っても、ギャングが札束を運ぶような、金属のごつい奴ではなく、ソフトタイプの小ぶりなカバン。 https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/51mAphpmKIL.jpg もう4年以上も…

落ち葉掃除

落ち葉のじゅうたん、とまでは言えないけど、家の庭にも結構落ちてきます。休みの日の落ち葉掃除が欠かせませんでした。 紅葉が全部落ちきり、このシーズンもどうやら終わりとなりました。 2016.12.17 Fujifilm FinePix F10

伊豆高原に暮らす画家・谷川晃一氏に生き方を学ぶ

日曜日の朝は仕事などない限り、寝られるだけ寝ようというのが最近の常態。この日曜日もそうでした。寝床でテレビのチャンネルをいじり始めたのが9時。Eテレでは日曜美術館が始まってました。 日曜日朝のNHKの美術番組。子供の頃から放映されていたような記…

最近のお洒落なビルについて

この話は全くの門外漢の意見ですので、もしその道の専門家の方の目に触れたなら、「なるほど、素人さんはそう見ているわけね」と読み流してください。 ここ数年に及ぶ大規模な再開発が近所にあり、「そうか、街ってこういう風に造られるわけね」と成り行きを…

ウニ、美味そー!

わが地元駅の階段脇には、いわゆる駅ナカにあるコーヒーショップの広告スペースが確保されていて、美味しそうなサンドイッチ写真とかが季節ごとに登場します。 今夜、仕事帰りに階段を下りていたら、上から子連れのお母さんが「ウニ、美味そー!」とかなり大…

冬のイルミネーション

2016.11.26 Fujifilm FinePix F10 寒い季節の夜を彩るイルミネーション。寒い季節の夜こそ映える感じがするのはどうして?

アメリカの音楽系ラジオ局はどうなってしまうのだろうか

最近、アメリカのラジオ局を片っ端から調べています。インターネットにオンラインされている局に限られますが、今やオンラインされていない局の方が少数派のようで、助かります。 何でそんなことを始めたかというと、先日の自分の記事「メリーランド州を英語…

晩秋の桜

2016.11.20 Fujifilm FinePix F10 ただ葉を落としていくばかりの桜の木。お花見のシーズンは昼も夜もにぎわう近所の公園にて。

快晴

2016.11.12 Fujifilm FinePix F10 寒かったここ数日。今日は一転して見事な快晴でした。

メリーランド州を英語で発音するのはなかなか大変だ

アメリカ大統領選が決着したものの、予想外の結果にアメリカも世界もなかなか落ち着かない様子。個人的な感想を言わせてもらうと、8年前のオバマさんの時と比べ、世界がこれから進歩するかも、みたいな期待感はゼロですね。一定数のアメリカ人には溜飲が下…

大統領が頭のいい順に並べてありました

大統領選挙を2日後に控え、アメリカからのニュースはこれ一色のようです。あれこれ見ていたら、こんなサイトの記事に行き着きました。 昨年8月の記事ですが、アメリカ大統領で誰が頭が良かったか、上位27人をランク付けしたというもの。元になったのは、カ…

赤い実の季節

家を建てると庭の植木についても何を植えるか判断に迫られます。素人の思いも玄人の業者のアドバイス、do's and don't's(ああしろこうしろ)には簡単にはかないません。 数年前に業者の勧めで庭先の目立つところにソヨゴを植えました。いわゆるシンボルツリ…

万年筆の時代は終わったか 3

以前こんな記事を書き、万年筆なんて今どき流行らないでしょう、と思っていたのですが、どうやら様子は違うようでした。 たまたま目にした次の記事によると、タイトルの通り今は半透明、つまり軸が樹脂製の比較的安価な万年筆が流行っているとのこと。 それ…

雨上がりの不思議な雲

2016.11.01 Fujifilm FinePix F10 今日はいわゆる代休で休み。午前中は雨でした。休日出勤でやり損ねていた家の掃除など済ますと、午後には雨が上がり、だんだん晴れてきました。 近所の公園にはお年寄りや子供など、ぼちぼち人が集まります。ついでに猫もぶ…

パソコン不調のたびに諸行無常の境地を知る

何度目かのパソコンの不調。家族共有のため利用頻度も高く、3日前の金曜夜に息子が起動できない異変に気づきました。土曜昼、依然立ち上がらず。とりあえず父(=休日出勤の私)が帰ったら見てもらいましょう、と先送り。帰宅した私が過去に試みたあらゆる…

古いものと新しいもの

天気はパッとしないけど、近所を散歩。ちょうど同じ通りに古い建物と新しいのが混在しているのが面白く、写真に撮ってしまいました。 2016.10.22 Fujifilm FinePix F10 オゾン温泉って、何でしょう? 看板に説明があります。 2016.10.22 Fujifilm FinePix F1…

色彩を持たないグーグルの検索ページについて

日曜日なので、いつものようにpodcastに配信される英語番組を聴きながら家の掃除。米国ボストンの公共放送WGBHが制作するPRI's The Worldという番組が、先日国王が亡くなられたタイ国内の様子についてレポートしていました。 「バンコクではマネキンまで黒服…

秋の海辺

このところ、休みと言えば雨か曇りでした。ひさしぶりに晴れ上がった今日。お昼の買い出しもいつもの車ではなく自転車。午後になってもいい天気なので、やっぱり自転車で海岸まで出かけてきました。 2016.10.15 Fujifilm FinePix F10 今頃の海はいいですね。…

幼い頃の日曜の午前の思い出 2

幼い頃の日曜日の午前中の思い出で、もう一つ思い出すのは、ドラマ「じゃじゃ馬億万長者」です。休日ののんきな気分と、のんびりした番組の雰囲気がマッチしていて、ストーリーとかはほとんど忘れた今でも、懐かしく思い出されます。 www.youtube.com 翌日、…

幼い頃の日曜の午前の思い出

圧倒的な日常を何とかこなし、あるいはやり過ごすのに翻弄され、軽やかに日常をブログに記述する余裕が見つかりません。そのせいか、最近のHatena Blogとのつきあいはほとんど読むだけの、いわゆるROMになってます。 ただ、そんなこともあろうかと「昔の記憶…

金木犀が香ってます

仕事の行き帰り、どこからともなくいい香りがしてきます。金木犀(キンモクセイ)の季節が始まっているようです。 栃木県中央公園 » Blog Archive » キンモクセイの香り 出身地では金木犀は自生してませんでした。関東に住み始めた18歳になって、初めて本物…

村上春樹の英訳本について

村上春樹の英訳本を趣味で読んでいます。今読んでいるのは「スプートニクの恋人」の英訳"Sputnik Sweetheart"。スプートニク・スウィートハートって、原題をしのぐ響きに感じられませんか? Sputnik Sweetheart 作者: Haruki Murakami 出版社/メーカー: Vint…

ブログのデザインを微調整してみた ② Evergreenのスタイルシートにコードを追加、という本題に入ります

はてなブログにお世話になり始めて半年が過ぎます。最初のデザインは迷うこともなく、と言うか自動的にReach。その後、皆さまのブログを拝見させていただくと、2コラムはもはや時代遅れのようで、シンプルなEvergreenに途中で変え、今に至ります。 しばらく…

ブログのデザインを微調整してみた ① インターネットを巡る状況を考察し、本題に届かず

1990年代半ば、インターネットの存在が騒がれ始めました。当時は電話回線をモデムでつなぐパソコン通信の時代。Windows3.1の環境にダイアルアップのためのソフトとネットスケープをインストールし、インターネットがつながった感動、今でも思い出せます。 そ…

雨の日と月曜日は

夏の終わりにして、荒れ放題の気候。今週は台風の進路に目が離せませんでした。東北・北海道ではかなりの被害が伝えられています。こちらでも、この半月ほどは曇りか雨ばかりだったような気がします。 The Big Question: Rainy Days and Mondays Edition | M…

アボカドはなぜアボガドと言ってしまいたくなるのか

前回の続きと言うか、関連でアボカドの話です。 「アボガド」ではなく「アボカド」だと知ったのはそれほど昔のことではありません。世の中にはまだまだ、アボカドのことを「アボガド」と言う人は多いのではないでしょうか。 言葉は基本的には伝わればいい、…

半年でやっと根が伸びたアボカドの種

まだ冬だったから、水につけたのは少なくとも半年前。そのアボカドの種の1つから、ついに根が伸び始めました。発芽はまだです。発芽まで1カ月はかかるとか、およそ3週間くらいで根がでてきますとか読んでいたので、今回はダメだろうとあきらめてました。 2…

チームGB

過去最多のメダル数でリオ・オリンピックを終え、「さあ、次は東京だ」と気合いが入っている日本。今朝の朝刊には「41の輝き」とかいう別刷りも入ってました。 オリンピック期間中は日本に限らず、世界中がオリンピック報道で溢れます。毎度引き合いに出しま…

地球史を読み解いてもらったら悲しくなった

地球や太陽の行く末を説明したページを、子供のころに図鑑で見た記憶はあります。でも、「宇宙人」とか「宇宙の果て」なんかと比べ、全然印象が薄かった。子供にとって、物事の終わりは興味ある話題ではなかったようです。 http://kawayuistyle.net/wp-conte…

オリンピック報道を見ていて考えたこと

家族に話しても賛同を得られず、思わずここに記したくなりました。それはオリンピック報道の偏りというか、ストーリー重視の報道姿勢について。 この2、3日、卓球女子団体のメダル獲得の報道がテレビや新聞に溢れていたのは皆さんご承知の通り。団結、涙、…

真夏の解体

相変わらず、この辺りでは建て替えブームの続きます。今日は解体工事の真っ最中。精が出ますね。思わず見入ってしまいました。 2016.08.18 Fujifilm FinePix F10

ヒマワリを見て思い出したこと

今週のお題「映画の夏」 今朝、息子が部活の合宿で長野へ行くというので、5時半起きで学校まで送った帰り、近所のマンションの横を車で通ったら、植え込みに小ぶりのヒマワリが咲き揃ってました。夏真っ盛りです。 思い出したのが映画「ひまわり」(1970)。…

駅前の靴磨きのおばさん、いつまでも現役で

幼いころの過ごした街並みを古い写真で検索していて、一つ思い出したことがあります。そういえば歩道に靴磨きのおばさんがよくいました。場所も時代も違いますが、雰囲気はこんな感じでした。靴を載せる木製の台が幼い自分には興味の的でした。 1955年(昭和…

クロード・ルルーシュの映画でよく降っている雨だ

映画に興味が出てきた小学校高学年に知り、映画を知っているとカッコいいと気づき始めた中学2年頃(中二病に他ならず)には気になる存在となったのが、クロード・ルルーシュの映画。というか、フランシス・レイの音楽が全編に流れる彼の映画。 「男と女」が…

イギリスのランチタイムは1時始まりでよろしいですか?

日本では、例外的なケースを除けば、「お昼ご飯は通常12時台」と言ってもみなさん納得されるのではと思われます。ついでに日本でお昼のニュースと言えば、12時辺りのニュースを指すのが常識でしょう。 さて今回のテーマ。きっかけはこのブログで何度か話題に…

街頭放送をご存じですか?

幼い頃、買い物といえば路面電車で15分ほどの市街地で、街中を親と一緒にあちこち歩いた記憶があります。当時は地下鉄工事の最中で、道路を覆う鉄板の隙間から、地下深くで行われてる工事の灯りが見えて、腰が引けた記憶も。街はこんな感じでした。 『山』と…

不思議な空き地

この間までは、いつもお客さんでいっぱいの焼き鳥屋さんと、流行りのスタンドバーが並んでました。入ったことはなかったけど、どちらもいつか行こうと思ってたので、取り壊しはちょっと残念。 最近、この辺りはちょっとした建て替えブームらしく、どうなるか…

分かりやすいものを前に手放しで喜ぶなという教訓

休日は家の掃除をしながら、リスニングのトレーニングも兼ねて、米英のラジオ番組をpodcastで集中して聴いてます。ジャンルは読書、芸術、ポップカルチャーなど。でも分かりやすいのは時事ニュースを扱った番組。予備知識に助けられます。ボストンの公共放送…

世界では赤を基調にニュース画面が作られているようです

ニュースのない時間帯とか、海外で大きな出来事があったりすると、ネット経由で外国のニュース放送を見ることがあります。最近、外国のニュース画面のトーンについて気づいたことがあります。それは多くが赤を基調に作られているということ。 たとえばこれは…

幼い頃、笑顔に恐怖を覚えたことないですか?

以前のブログで、小さい頃アゲハチョウが嫌いだった、というかハッキリ言って怖かったという話をしました。 あれは、対象も記憶も明確だったので、まあ、スラスラ話ができた。でも、もうひとつ自分には、たしか4,5歳の一時期、電車の窓から見える広告に非…

コミックストリップは良質な英語教材です

英語漫画は英語の勉強に結構使えると思います。ただ題材選びが肝心でしょう。新聞などに連載される4コマ漫画などのコミックストリップ(comic strip)はコンパクトな見かけ、シンプルな内容で、そのまま教材として使えます。 インターネット時代、そんなコミ…

バツ印はバツではない、のか?  2

先日はEU離脱を問うイギリスの国民投票について、話題にしました。といっても、その是非や今後の行方ではなく、話題の中心は投票用紙にバツ印をつける意思表示の仕方と、その違和感についてでした。 職場で隣に座るドイツ人の同僚(日本生まれ、アメリカで大…