dods’ blog - 今と昔のノートブック

今の記録は情報提供。昔の記憶は話題提供。気ままに記します。

雑記

立派な木

立派な木があると写真に撮ってしまいたくなります。 2017.10.20 Fujifilm FinePix F10 今日は午前中から、県内某所を営業で回ってました。河川敷を臨む傾斜地に、原生林かと見紛う立派な林を目にして撮影。木の肌がなんとも魅力的でした。

夜のステージ

最寄り駅に隣接するショッピングモール。開設当初はただの広場だったところに、いつの間にかできたステージ。何も催されてない夜でも、こんな風にショーアップされてます。 2017.10.14 Fujifilm FinePix F10 撮ったときには全然思いつかなかったのですが、記…

1960年代前半生まれの俳優の勢いについて

仕事上、あちこちから送られてくるポスターを処理してます(貼ったり、捨てたり、よそにあげたり)。教育関係なので商品宣伝ではなく、公共機関から広報ものが大半。でも一週間さぼっていると結構たまります。 印象に残るのは顔や姿のアップ。当方に送られる…

昔から朝焼けよりも夕焼けが好きだった

今夕撮った近所からの夕景。ロケーションとか時間とか画角とか、全然考えず。というか、自分が写す写真はすべからく出向いたその場での思いつき。 2017.10.10 Fujifilm FinePix F10 2017.10.10 Fujifilm FinePix F10 いつもなら帰宅は8時を過ぎるのですが、…

15時の鐘

午後3時。自分と息子用に遅いお昼ご飯を買おうと、お弁当屋さんに向かって駅前を歩いていたらクリアな鐘の音が聞こえてきました。 2017.10.08 Fujifilm FinePix F10 6年前に駅北から駅南へ引っ越したけど、この近くにはもう24年も住んでます。でも、この鐘…

居酒屋の上で学ぶ中学生、学習塾の下で宴を貼る大人達

秋が来て、夕暮れ時の空の雲がとてもキレイなことに気づきました。休日出勤から帰宅後、何か撮れるかとカメラ片手に外出するも、空には雲一つありません。ポツンと浮かんだ月も被写体にはちょっと不向き。 その代わりに目に止まったのが、駅前のビルの看板。…

Kazuo Ishiguroと言えばやはりNever Let Me Go

仕事から帰って、付けたテレビが今年のノーベル文学賞はKazuo Ishiguroと報じていました。自分としては村上春樹受賞に匹敵する朗報。”Never Let Me Go”で、あいまいなオープニングが読み進めると中盤から衝撃的なストーリーに転じていくスリル、あの体験を昨…

大学評価の報道で考えたこと

10月に入り、ノーベル賞の発表の季節になりました。と言っても自分にとってこの数年の関心事は、村上春樹ノーベル文学賞受賞に限られます。その日が訪れ、内田樹の所謂予定稿がいよいよ朝日新聞辺りに掲載され、ここ数年の留飲を下げることです。 ただ、昨年…

白い曼殊沙華

花の名前を知るきっかけは様々でしょう。ちょっとした思い出と結びついているなんてこともあるのではないでしょうか。 お恥ずかしながら、ヒガンバナを知ったのは20代後半。とても鮮やかな花を道端に見つけ、名前を教わるついでに、この花にまつわる不吉なイ…

せっせと抜いていた雑草が実は白い可憐な花を咲かせていた

昨日、今日とこちらでは秋晴れと呼ぶには物足りない天気でした。でも庭仕事には好都合で、昨日はたまった枯葉を取り、雑草抜きをして芝刈り。小さい庭なのに結構時間がかかりました。 その雑草抜きについて。基本、5年前に植えてもらった姫高麗芝以外に芽を…

3度目のニューロマンサー

Neuromancer(ニューロマンサー)は、ご存じウィリアム・ギブスンによる長編SF小説。30年ほど前に弟から強く薦められたものの、ふーん、止まりで食指は動きませんでした。 Neuromancer (S.F. Masterworks) 作者: William Gibson 出版社/メーカー: Gollancz …

好天ながら波強し

台風が向かった先の北海道を心配しつつ、こちらは好天で、ギラギラ光が刺すなかを海岸まで自転車で出かけました。 2017.9.18 Fujifilm FinePix F10 南国ムード感じさせる公園を過ぎて、丘を越えると海岸。ちょっと波が強そう。 2017.9.18 Fujifilm FinePix F…

カッシーニを讃える拍手について

敬意を表したり、偉業を讃えたり、与えられた感動に応えたいとき、人は拍手します。相手は人間とは限りません。移り変わる自然とか、懸命に生きる動物なんかを目にしたときも思わず拍手したくなる。動きのあるもの、限りあるものなんかだと、なおさらです。 …

ハリケーン「イルマ」の報道でフロリダ南岸の素敵なハイウェイを知る

今日の休み、いつものように勉強を兼ねて英語ニュースを家事の片手間に聞いてます。この土日、アメリカの報道は国際的には北朝鮮情勢に対するトランプ大統領のコメントとかがありましたが、国内的にはほぼ100%がハリケーン「イルマ」です。 それでも全米の関…

また休日によい天気

今日の土曜は休み。休日に起たら晴れていると、別に出かける予定なんかなくても嬉しいものです。いい天気の一日でした。 2017.9.09 Fujifilm FinePix F10 自分としてはテーマ「青空」のつもりだですが、これではホッピ―が焦点になってしまいました。ホッピ―…

青い空

台風の直撃はなさそうで、風は強いけどとてもいい天気。空気がカラッとしてて、空は青い。気持ちのよい休日を過ごしています。これは前にも撮ったことがある所からの今日の写真。 2017.9.02 Fujifilm FinePix F10 このあと、お昼にそばを茹でようとスーパー…

好みの音楽を流すラジオ局を探しているとたまにヒットします

暇ができると、以前から続けている、アメリカのネットで聴けるラジオ局をしらみつぶしに聴いて、選曲のいい曲を流す局はないかと調べてます。残念ながらあまり暇ができないため、いまだにアの字の州のラジオ局から脱せられません。 それでもなんとか6州目、…

ワクワク、ドキドキがあればよし、無くてもいいなと思えば写そうと今日は思った

昨日から、画像関連の会社さんによる研修に参加させてもらってます。デジタル化の波はイメージの再現方法にも大変革をもたらし、ビジネスモデルをどうシフトさせて会社の存続に力を注いだか、ずいぶん教わりました。 他業種なので詳しいことはわかりません。…

研修先の本社ビル周辺は一変していたが、一階の博物館にはハマった

今日は都心にあるとある会社の本社ビルで研修。行きなれない所なので少々戸惑う。大学の頃、この辺は防衛庁関係の土地だったような記憶あり。今は商業施設とオフィスビルの複合施設になってました。 研修の終りに、一階に併設される博物館に寄り道。この会社…

不可能バーガーはとてもおいしそうに見える

Is the bleeding, meatless burger safe to eat? 休日も休みがあったり無かったりで、あまりゆったりできない今月。今日も掃除の合間に、1週間遅れでiPodにため込んだpodcastを聴いてました。 昨日通勤途中に聴いていて、ちょっと面白いので今日改めて聴き返…

Tom Perrottaの新作を知る

このブログ、休みの日に掃除しながらpodcastを聴き、気になった話題を紹介するパターンが多かったようです。聴き残しは月曜からの通勤途中で聴くわけですが、それもすでに記事にしたような気が。昨日がまさにそうで、朝の電車で聴いていたのは、お気に入りの…

お盆休みに息子とスーパー銭湯に行ってサウナに入る

変則的にお盆休みをもらってます。今日は4連休の最終日。子供も大きくなると親と一緒の外出はしたがらない。でも小出しに「しばらくスーパー銭湯とか、行ってないよね」なんで振っていたのが幸いし、今日は高1の次男とスーパー銭湯へ。 ところで、googleに…

立ち飲み系が大繁盛

以前にも少し触れた気がしますが、近所では立ち飲み、もしくは小さいながらシャレたお店がたくさんできてます。業界の趨勢には全く不案内なものの、この勢いには何かあるぞ、と思わざるを得ません。 2017.8.12 Fujifilm FinePix F10 2017.8.12 Fujifilm Fine…

歌詞がお洒落すぎて

家の掃除をしながらすごく素敵な歌を知った、一昨日の話です。 前回の記事の通り、掃除しながらいつものようにiPodにため込んだpodcastの番組を聞いてました。 ニューヨークの公共放送局WNYCに、ポップカルチャーも含めて芸術関係を広く扱うStudio 360という…

男は黙って三寶樂啤酒

明日が仕事なので今日の休みは家の掃除日。その合間に休憩でテレビをつけたら、「正直さんぽ」の有吉がとんかつ屋さんで昼からビール。それで思い出したのが、仕事がらみの中華街での宴会で昨日出てきた瓶ビール。 ラベルがキレイで、珍しかったので携帯で写…

昼休みにビル街を散歩しながら都会の本質を考える

今日の仕事は、官庁街のビルの一室に缶詰にされて一日研修。でも昼休みに一時の解放があり、裏口から屋外に出たら、初めて見る眼前の光景が妙に懐かしく思えました。思わず持っていたカメラで撮影。 2017.8.1 Fujifilm FinePix F10 なんとも昭和な「ビル住宅…

ご近所のお店で流行る手書きメニュー

地元駅周辺のお店を観察していて、最近2つの流行りを見つけました。一つは立ち飲み屋さんの多いこと。お洒落な立ち飲み屋さんが、思い出せるだけで数軒はあります。 古い人間なので、立ち飲みとは酒屋さんが非合法的に店先の一画を立ち飲みコーナーにし、お…

近所の公園のクスノキはバオバブもどき

仕事帰りに毎日見る、近所の公園内に立つ立派なクスノキ。公園にクスノキ、はある意味普通かもしれません。でも、そのそびえ立ち方が何かを連想させる。普段見かけるのは暗くなってからなので、休日の今日、改めて確かめに行きました。 2017.7.29 Fujifilm F…

どうしたエクセル! 条件付き書式で不可思議な事態

ディープなエクセルユーザーはご存じでしょうが、エクセルには「条件付き書式」という機能があります。決まった以上の数値(距離でも値段でも時刻でもいいのですが)が入力されると、赤字になったりして注意喚起させる、などが基本的な使い方です。 あまり高…

コーヒーショップ前に陣取っていたおじさんはどうしたのか

昔からのお気に入り、佐藤正午が直木賞受賞!の報に自分が褒められたような喜びを感じている今夜。でもこれからの話はそれとは全然関係ありません。 ジャンルは違いますが、一時期、高村薫の作品を読み漁っていた時期があります。特に1997年の「レディ・ジョ…