dods’ blog - 今と昔のノートブック

今の記録は情報提供。昔の記憶は話題提供。気ままに記します。

昔の記憶

年の瀬で思い出すこと

大晦日ですね。曜日の関係で、今年は割とゆったりとした年末年始になりそうです。 小さい頃は年の瀬といっても、親みたいに忙しいわけでもなく、部屋でラジオをつけながら遊んでました。買い物客で賑わう市場からの中継とかを、ピンとこないながら聴いてまし…

キャリー・フィッシャーの訃報

大変残念な知らせですが、米女優キャリー・フィッシャーさんの訃報が昨日から報じらています。 ご覧のように、ほとんどの報道は肩書が「スター・ウォーズのレイア姫役」です。若くして出世作をつかんだのですから、当然と言えば当然です。スター・ウォーズに…

伊豆高原に暮らす画家・谷川晃一氏に生き方を学ぶ

日曜日の朝は仕事などない限り、寝られるだけ寝ようというのが最近の常態。この日曜日もそうでした。寝床でテレビのチャンネルをいじり始めたのが9時。Eテレでは日曜美術館が始まってました。 日曜日朝のNHKの美術番組。子供の頃から放映されていたような記…

アメリカの音楽系ラジオ局はどうなってしまうのだろうか

最近、アメリカのラジオ局を片っ端から調べています。インターネットにオンラインされている局に限られますが、今やオンラインされていない局の方が少数派のようで、助かります。 何でそんなことを始めたかというと、先日の自分の記事「メリーランド州を英語…

幼い頃の日曜の午前の思い出 2

幼い頃の日曜日の午前中の思い出で、もう一つ思い出すのは、ドラマ「じゃじゃ馬億万長者」です。休日ののんきな気分と、のんびりした番組の雰囲気がマッチしていて、ストーリーとかはほとんど忘れた今でも、懐かしく思い出されます。 www.youtube.com 翌日、…

幼い頃の日曜の午前の思い出

圧倒的な日常を何とかこなし、あるいはやり過ごすのに翻弄され、軽やかに日常をブログに記述する余裕が見つかりません。そのせいか、最近のHatena Blogとのつきあいはほとんど読むだけの、いわゆるROMになってます。 ただ、そんなこともあろうかと「昔の記憶…

金木犀が香ってます

仕事の行き帰り、どこからともなくいい香りがしてきます。金木犀(キンモクセイ)の季節が始まっているようです。 栃木県中央公園 » Blog Archive » キンモクセイの香り 出身地では金木犀は自生してませんでした。関東に住み始めた18歳になって、初めて本物…

村上春樹の英訳本について

村上春樹の英訳本を趣味で読んでいます。今読んでいるのは「スプートニクの恋人」の英訳"Sputnik Sweetheart"。スプートニク・スウィートハートって、原題をしのぐ響きに感じられませんか? Sputnik Sweetheart 作者: Haruki Murakami 出版社/メーカー: Vint…

ブログのデザインを微調整してみた ① インターネットを巡る状況を考察し、本題に届かず

1990年代半ば、インターネットの存在が騒がれ始めました。当時は電話回線をモデムでつなぐパソコン通信の時代。Windows3.1の環境にダイアルアップのためのソフトとネットスケープをインストールし、インターネットがつながった感動、今でも思い出せます。 そ…

雨の日と月曜日は

夏の終わりにして、荒れ放題の気候。今週は台風の進路に目が離せませんでした。東北・北海道ではかなりの被害が伝えられています。こちらでも、この半月ほどは曇りか雨ばかりだったような気がします。 The Big Question: Rainy Days and Mondays Edition | M…

地球史を読み解いてもらったら悲しくなった

地球や太陽の行く末を説明したページを、子供のころに図鑑で見た記憶はあります。でも、「宇宙人」とか「宇宙の果て」なんかと比べ、全然印象が薄かった。子供にとって、物事の終わりは興味ある話題ではなかったようです。 http://kawayuistyle.net/wp-conte…

ヒマワリを見て思い出したこと

今週のお題「映画の夏」 今朝、息子が部活の合宿で長野へ行くというので、5時半起きで学校まで送った帰り、近所のマンションの横を車で通ったら、植え込みに小ぶりのヒマワリが咲き揃ってました。夏真っ盛りです。 思い出したのが映画「ひまわり」(1970)。…

駅前の靴磨きのおばさん、いつまでも現役で

幼いころの過ごした街並みを古い写真で検索していて、一つ思い出したことがあります。そういえば歩道に靴磨きのおばさんがよくいました。場所も時代も違いますが、雰囲気はこんな感じでした。靴を載せる木製の台が幼い自分には興味の的でした。 1955年(昭和…

クロード・ルルーシュの映画でよく降っている雨だ

映画に興味が出てきた小学校高学年に知り、映画を知っているとカッコいいと気づき始めた中学2年頃(中二病に他ならず)には気になる存在となったのが、クロード・ルルーシュの映画。というか、フランシス・レイの音楽が全編に流れる彼の映画。 「男と女」が…

街頭放送をご存じですか?

幼い頃、買い物といえば路面電車で15分ほどの市街地で、街中を親と一緒にあちこち歩いた記憶があります。当時は地下鉄工事の最中で、道路を覆う鉄板の隙間から、地下深くで行われてる工事の灯りが見えて、腰が引けた記憶も。街はこんな感じでした。 『山』と…

幼い頃、笑顔に恐怖を覚えたことないですか?

以前のブログで、小さい頃アゲハチョウが嫌いだった、というかハッキリ言って怖かったという話をしました。 あれは、対象も記憶も明確だったので、まあ、スラスラ話ができた。でも、もうひとつ自分には、たしか4,5歳の一時期、電車の窓から見える広告に非…

万年筆の時代は終わったか 2

小説家、佐藤正午のかなりのファンです。デビュー以来、たいていのエッセイとすべての小説は読んでいると思います。謎解きを含んだお話しの面白さ、ハードボイルド調の設定など、良さをあげるとキリがない。 でも一番惹かれたのは、他と違ったから。同じよう…

万年筆の時代は終わったか 雑誌「中央公論」の記憶 5

「大人になったら鉛筆ではなく、万年筆を使うのだ」と子供のころは思ってました。 今回は万年筆について。すでに何度も月刊誌「中央公論」の思い出話をしてますが、これが恐らく最後です。自分には一番思いの深いネタでもあります。 広告は昭和39年5月号に…

日本の広告が一大変貌を遂げた5年間 雑誌「中央公論」の記憶 4

月刊誌「中央公論」のバックナンバーが昔我が家にあって、子供のころ、憑かれたように眺めていた時期があると以前書きました。でも見るのはもっぱら広告で、記事のことはほとんど覚えていない、とも。 自分が40年も前に見たのは何だったのか、それを今の自…

さすがは大阪 雑誌「中央公論」の記憶 3

NHK総合の「トットてれび」が面白いですね。いつだったかの回はラスト近くから観はじめたのに、その絢爛豪華さに目を見張りました。脚本の中園ミホさんは「やまとなでしこ」以来のファンです。 先週の第6話では渥美清とのエピソード。え? 中村獅童がやるの…

梅雨入りで思い出したこと

関東も今日梅雨入り。所要で渋谷まで行く必要があり、山手線の窓から雨模様の都内を見入ってました。梅雨がないところで生まれ、こちらで初めて経験した梅雨の季節というものを、もう30年以上前になりますが、懐かしく思い出します。 大学生という気ままな身…

山の上に文化人が集い、平井さんのキャビアを食した 雑誌「中央公論」の記憶 2

以前のブログで表題について取り上げました。小さい頃、父親が定期購読していて、家の本棚に並んでいた「中央公論」。少年時代、なぜだかこの雑誌を眺めるのが趣味となり、暇があればページをめくっていた。でも思い出せるのは広告くらい。と、ここまでが前…

TBS報道特集「7秒の記憶と生きる」は秀作でした

先日(2016.5.21)のTBS報道特集が今なお頭から離れません。休日出勤から帰宅し、つけたチャンネルをボーと見ていたら始まった「7秒の記憶と生きる」。画面に釘付けでした。病気で脳に生じた後遺症から、記憶が7秒しか保持されない女性のルポです。 www.tbs…

アゲハチョウの文様がどうしても嫌なあなたを私は愛したい

このところ阪神が好調のようです。一番手と目される存在(巨人軍、トヨタ、自民党、等々)に生理的嫌悪感を生ずる性分としては、猛虎軍団には、地元に近いDeNAともども、ぜひ頑張ってもらいたいところ。 さて、本題はタイガースではなく、ある種のトラ模様、…

気がつけば憲法記念日

今さらですが、スマホ率の上昇というか、高止まりに驚いています。電車通勤なので、時間帯によりますが、帰りは座れることが多い。そんな時、向いの列の10人中8人はスマホをいじってますね。 スマホに変えようかな、とも思いつつ未だガラケーの自分として…

ボサノバ調JPOPの金字塔はこの3曲と思う

前回の話題は大好きなボサノバについて。ボサノバの故郷、ブラジルと言えばポルトガル語。高校時代、ポルトガル語学科に進もうかと考えたこともありました。結局進みませんでしたが、その後知った名盤「ゲッツ/ジルベルト」の、ボソボソっとしたジョアン・ジ…

初めて買ったLPはジョビンのWAVEだった

前回のブログの続きになります。訳あって、40年近く前の中3修学旅行のスナップ写真をロフトから引っ張り出し、見ることに。買ってもらったカメラで自分が撮った写真です(ヤシカエレクトロ35GXの思い出)。すると当時の記憶がどんどんよみがえってきました…

ヤシカエレクトロ35GXの思い出

小さい頃、家にあった月刊誌のバックナンバーを読み漁るのが趣味だった時期がありました。と言っても、目的は万年筆とかカメラなどの、少し古めかしい広告を見ることでした。(雑誌「中央公論」の記憶) それで思い出したのが、カメラのカタログを集めまくっ…

ガラナとスカット

今朝の天声人語に北海道新幹線の通った函館の話題として、ガラナの話が載っていました。ガラナは高校時代よく飲んでいました。友人との学校帰り、ガラナを買うため自転車を店先に止め、飲みながら長々話をしてました。 コアップガラナアンチックボトル 読ん…

北海道新幹線開業で思い出した炊事遠足

朝から北海道新幹線のニュースで盛り上がってます。夕刊のトップもズバリ「北海道新幹線 開業」。北海道ネタに接しても「あっ、そうなの」的な、離れて30年以上になる私ですが、今日は祝福ムード。 北海道から遠く離れた近所のスーパーでも、今日は祝新幹…