dods’ blog - 今と昔のノートブック

今の記録は情報提供。昔の記憶は話題提供。気ままに記します。

昔の記憶

羊をめぐる珍景

この春、近所にジンギスカン屋さんができました。ジンギスカンと言えば、生地の北海道では野外料理の定番であり、当地に来たころ(もうかなり前の話ですが)、野外料理のシンボルがジンギスカンがなく、「バーベキュー」なのに驚いた記憶があります。 ずっと…

夏季休暇に哲学する

本来与えられた夏季休暇は5日。でもなかなかとれません。今のところ1日目の夏季休暇を本日とりました。昨日近所の図書館から借りた、中島義道著「哲学塾授業」(2012, 講談社)を読み始めたら、止まらなくなって全部読んでしまいました。 哲学塾授業 難解…

梅雨が明けて、夏が来て、近所の写真を撮って思い出したこと

今年は梅雨が長引きました。だからといって、直接の影響は野菜の値段くらいでしょうか。それでも先週初め、当地でも梅雨が明け、夏らしい感じがやっと来て、ほっとしました。毎日暑い中仕事に出かけ、この土日の休みには庭にたっぷり水やりをしました。 同じ…

北に咲く野草などが気になりました

この7月は都合4回、父親の入院で実家のある北海道を往復しました。幸いひと月入院した父親は先週退院、四度目の来道となったこの週末、やっと父母とも実家で会うことができました。 今回はカメラを持って行ったので、ちょっと空いた時間にカメラを持ち出し…

実家周りを散歩して

この週末も実家へ帰り、入院中の父親のお見舞いとか、あまり自由に外出できない母親を連れて買物やら通院をしてきました。日曜には仕事があったので、土曜の遅くの飛行機で戻ってきました。 夕方近く、ちょっと時間ができたので、カメラを持って外に出ました…

ジョアン・ジルベルトの訃報を聞いて

父親の入院でこの週末にかけて実家に帰っていました。昨日の札幌はとても良い天気で、気持ちよく庭の水やりができました。今年、こちらでは紫陽花があまりきれいに咲いていない気がしますが、向こうではちょうど咲き始めのタイミングで、実家の庭でも綺麗な…

高橋克実がいい

30年近い昔の話になるけど、小劇場系の劇団の公演を見ていた時期がありました。渋谷、新宿、池袋の立派な劇場のことが多かったけど、如何にも小劇場系の劇場だったなと、思い出されるのが下北沢のザ・スズナリ。 ここで見たのが劇団離風霊船の「赤い鳥逃げた…

時代は移る、けれど営みは続く

今日、明日は時代の節目とかで、テレビや新聞を見ていると年末年始にも似た「お目出たいですね」報道が鼻につきます。はしゃぎすぎとも思えるこの雰囲気は、平和的な遷移ゆえの現象なのでしょう。30年前のあの時には想像できませんでした。 ともあれ、時代の…

今年の花粉シーズンを乗り切れたのは Lily Oil のおかげかも

花粉症のシーズンもいつの間にか過ぎたのに、マスク姿の大人は減っていない気がします。マスクなど一瞬でも付けたくない自分には考えられないのですが、様々な理由でマスクを常用するマスク愛好家も増えてとか。考えさせられます。 そういう自分も、花粉症の…

春を待つ公園で思い出したこと

日曜なので、いつものように家の掃除。合間に家族のお昼を調達するのも、日曜日の自分の仕事なのですが、今日のお昼は家で奥さんが焼きそばをつくるとのこと。ならばと、トイレ掃除を残しつつ、天気のいいうちに近所の図書館へ外出。 図書館で「ライカとその…

やまとの味カレーを食べ、ベビーラーメンを思い出す

仕事帰り、少しお腹がすいていると、遅い我が家の夕食時間に備えてコンビニに寄って買い食いします。よく寄るのがローソン。ところが最近はLチキ旨塩とかも食べ飽き、というか、歳のせいかだんだん油ものがあまり受け付けられなくなってきました。 ちょっと…

3月に入るも寒雨が続く中、聞き惚れる2曲

3月に入ってもまだ寒い当地。昨日から雨模様が続いてます。今朝も傘をさしての出勤。するといつもの電車は人身事故で運休。次の電車まで20分以上待つことに。 iPod touch を出すも、いつもなら通勤時に聞くことにしている podcast の英語放送も、今朝は聞く…

二十四軒町公園

当地では昨日、今日と比較的暖かく、雨も降らないいい土日でした。今日は自分も休みでしたが、昨日の土曜は仕事。半日のはずでしたが、新年度に向けての諸々の調整が長引き、結局午後2時くらいまで打合せをしてました。 でもこの朝、新たな発見が。土曜出勤…

ブルーノ・ガンツの訃報で思い出したこと

日曜日。いつもの休みながら、睡眠時間がいつもより長くなるのは、仕事の密度がこの時期尋常じゃないからのようす。でも今日は、いつものように家の掃除をしながら、今朝までに配信された米英の英語放送を聞いていました。 時差9時間遅れの英国BBCの Glo…

今晩のSWITCHインタビューはよかった

たまにしか見ることのない、Eテレの「SWITCHインタビュー 達人達」。取り合わせの妙を狙った対談番組なのですが、過去を思い出してもあまり印象に残らず。(何年か前の、N響指揮者の井上氏と心臓外科医のどなたかの対談はおもしろかった)。 でも今晩の、…

ミシェル・ルグランの訃報を聞いて

大坂なおみVの報道で溢れる今夜、フランスの作曲家、ミシェル・ルグランの訃報に目が留まりました。 「シェルブールの雨傘」他、数々の映画音楽で有名ですが、自分の好みという点では、やはり昨年11月に訃報が報じられたフランシス・レイの方が実は勝ってま…

実家の雪とミニスキーと山わさびについて

みなさま、明けましておめでとうございます。今年もまた、思いつきであれこれ記事にしますので、どうぞお付き合いください。 お正月の三が日、2年半ぶりで実家の北海道に帰ってきました。80代前後の父母はまだ健在とは言え、父親は雪かきの大変さを訴えてい…

昔よく聞いたクリスマスソングに教わる英単語

クリスマスが近くなり、お気に入りのクリスマス・ソングを紹介するブログのいくつかが気になりました。いえいえやっぱりこの曲でしょうなどと、自分のお気に入りをブックマークのコメントで紹介したり。 そのうちの一つが、20代後半の頃に知った Pretenders …

初雪、根雪、本当の冬

休日だった今日、YAHOO! ニュースの「初雪まだ降らず… 道内で記録的な遅さ」(HTB北海道テレビ)に目が留まりました。道内(8観測で地点)では未だ初雪が降らず、10日に降らないと観測史上2番目の記録となるそうです。 観測史上1番は1889年11月18日(当時…

俺たちの朝、あの日にかえりたい、銀河テレビ小説

平日22時、最近家にいると見ることが多いのが地元ローカル局が再放送している「俺たちの朝」。今日も始まりました。1976年から77年にかけて日テレ系で日曜20時に放送とのこと。当時は全く関心なし。金曜20時の「太陽にほえろ!」は好きでしたが。 40年後の今…

恋のひとこと

洋画や洋楽に、洒落た邦題のつくことがすっかりなくなりました。「風と共に去りぬ」(Gone With the Wind, 1939)なんかは有名ですが、その2年前には「踊らん哉」(Shall We Dnace,1937)なんてのもあり、今となってはお洒落な感じがしなくもない。 戦後になっ…

体験と経験

季節の変わり目で体調を崩している方も多いのでは。自分の周りでものどが痛いとか、お腹の調子が悪いとか、熱っぽいとか訴える人が多い。どれも自覚がないのですが、「疲れてる?」なんて聞かれると、「とうとう自分もか?」と身構えたり。 そんなわけで、仕…

「コミュ障」の時代の病理を考えた

小学校高学年くらいからでしょうか、自分が言葉というものに関心があるのだと薄々気づき始めました。ラジオのフランス語講座を、分かりもしないのに早起きして聞き始めたことを懐かしく思い出します。 もう一つの大きな記憶として、近所の子供が公園の砂場で…

連休中の読書から 2

うれしい3連休が今週末も来ました。先週は初日が仕事でしたが、今回は3日ともフリー。初日の今日、予約していた本を受け取りに近所の図書館へ。 日本列島100万年史 大地に刻まれた壮大な物語 (ブルーバックス) 作者: 山崎晴雄,久保純子 出版社/メーカー: …

上に行くのは子供の習性

話題としては旬を過ぎた感もありますが、今月上旬、山口で行方不明になっていた2歳の男の子を見事発見したスーバーボランティアこと、尾畠春夫さんの話題は今なおマスコミを賑わせているようです。 警察も大勢捜索していたはずなのに、到着後まもなくピンポ…

ブルガリアの女性コーラスが縄文の調べに近いのはなぜ?

全国的にお盆休みのようですが今日も仕事。休日に聴き切れなかった podcast の英語番組を通勤途中に聴いています。今日聴いていたのは、もう何度も紹介している米国 Boston の公共放送局 WBUR 制作の Here & Now。 基本毎日配信されているこの番組。でも自分…

お神輿見た?

こちらでは毎日暑い日が続きます。風がない今日は特に暑く感じました。休日なので家族用のお昼ごはん調達に外出したときのこと。お店から出たら、自転車に乗った高校生くらいの一名が「お神輿見た?」ともう一名に話かけ、通り過ぎました。 男子にしては「お…

驚きの梅雨明け

雨の中、近所の公園で綺麗に咲く紫陽花が撮れたので、「理想的な梅雨時の休日」なんて気取ったタイトルで記事と写真を上げたのがちょうど先週の今日。そして昨日、予想もしなかった梅雨明けの発表が関東地方にありました。 梅雨のない北海道から当地に住み始…

理想的な梅雨時の休日

用事がなければ基本的には家の中で過ごしたい。無理に気持ちを高ぶらせることなく、外の雨空はそれとして、あっけらかんとした心持ちで行きたい。音楽を聴くのなら、形式よりも、個性に秀でたものがいい。ジャズならセロニアス・モンクのように… 実際にはお…

「は」と「が」の違いを説明するのは意外と大変

休みの日曜日。買物から帰ってきて、つけたテレビでやっていたのがこの番組。以前にもこの先生の講義は見た気がしますが、今日の第7回、「日本語との付き合い方③ : 「は」と「が」の語り」はなかなか良い講義でした。 放送大学 授業科目案内 日本語リテラシ…