dods’ blog - 今と昔のノートブック

今の記録は情報提供。昔の記憶は話題提供。気ままに記します。

昔の記憶

サバにまつわるいくつかの話題

塩サバ。ただ焼くだけで自分はおいしくいただけるのですが、子供らには不評のよう。そこでうちの奥さんは最近、カレー味で焼いています。それはそれでおいしいのですが、最近新調されたカレー粉の香りの強いこと。翌日まで家中香りが残ります。 カレー粉はも…

ビル・エバンスは終始うつむいていた

時間に余裕があると、二つの遡りをしたくなります。ひとつは、今住む場所を軸にして、ここの昔は? を遡る作業。もう一つは、今の自分を軸にして、遠くの過去をストレートに遡る作業。まずは前者。 今の家に住み始めて6年になります。我が家の前の通りはか…

スーパームーンを見て「月の砂漠」の旋律が浮かんだ1月2日

元日だった昨日の夜、空を見上げると月がまん丸。え! 元旦から満月なの? と驚きつつも、確か年末のニュースサイトでスーパームーンの記事があったかな、それは元旦だったのか...程度の認識で、深く調べることなく、自分的には済んでました。 明けて本日1月…

受験生思いの大統領

2週間前の記事と同じになりますが、休みをいいことに今朝も寝床でradikoでした。(このゴロ、いいじゃなですか)。ラジオKIKKEI第1(昔の日本短波放送ですね)に「寄席あぷり」という番組があることを今日知りました。(番組表で確認。ちなみに15:30現在の…

朝のラジオ

今からもう何十年も前になりますが、早朝のラジオを聞くともなしに聞いていた記憶があります。前後関係はあまり定かではありませんが、夜更かしが大好きな高校生でしたので、早起きして聞いていたとは考えられません。 テストの一夜漬けとか、明日は休みとい…

冬のイルミネーション 2

タイトルを決めた後、"待てよ、なんか1年前にも同じような記事を書いた記憶あるな..."と思い、検索したら、やっぱりありました。だから2がつきます。去年の1番目のほうは、ついでながら一番下にリンクしました。 自宅近くのショッピングモール。被写体をあ…

冬のクスノキ

北海道からこちらにやって来た頃は、何時まで経っても冬が来ないうちに春になった、というのが実感でした。でも今は冬になれば寒い寒いと訴える人間に。最近寒いです。 昨日の午後は、職場から歩いて30分ほどの大きな公園近くで会合がありました。公園の立派…

セロニアス・モンクを知ったのはタモリのおかげ

よく読ませてもらっている どろんぱ豆 (id:doronpa316) さんのブログにタモリ関係の発言があり、自分のタモリ歴を振り返る機会を得ました。 今の若い人はTVでよく見る芸人達の影響か、タモリを「タモリさん」と呼ぶようです。それはそれで良いのですが、70年…

シャレた電飾

久しぶりの、丸一日休める土曜日。床屋に行ったついでに夕暮れの散歩。先週もこんな写真をアップしたような... 2017.11.11 Fujifilm FinePix F10 このピザ屋さんには高校時代から多くの思い出が。品よく飾られたイルミネーションに思わず写してしまいました…

phosphene あるいは「眼内閃光」をすこし掘り下げてみた

Amazon CAPTCHA 休みの今日、庭掃除とか、昼ご飯の買い出しの合間に、読みかけ中の本を片付けようとこれを読み進めてます。ウイリアム・ギブスンによるこの作品を読み始めた話はすでに、3度目のニューロマンサー でお伝えしました。 30年以上前に現在のイン…

白い曼殊沙華

花の名前を知るきっかけは様々でしょう。ちょっとした思い出と結びついているなんてこともあるのではないでしょうか。 お恥ずかしながら、ヒガンバナを知ったのは20代後半。とても鮮やかな花を道端に見つけ、名前を教わるついでに、この花にまつわる不吉なイ…

3度目のニューロマンサー

Neuromancer(ニューロマンサー)は、ご存じウィリアム・ギブスンによる長編SF小説。30年ほど前に弟から強く薦められたものの、ふーん、止まりで食指は動きませんでした。 Neuromancer (S.F. Masterworks) 作者: William Gibson 出版社/メーカー: Gollancz …

研修先の本社ビル周辺は一変していたが、一階の博物館にはハマった

今日は都心にあるとある会社の本社ビルで研修。行きなれない所なので少々戸惑う。大学の頃、この辺は防衛庁関係の土地だったような記憶あり。今は商業施設とオフィスビルの複合施設になってました。 研修の終りに、一階に併設される博物館に寄り道。この会社…

お盆休みに息子とスーパー銭湯に行ってサウナに入る

変則的にお盆休みをもらってます。今日は4連休の最終日。子供も大きくなると親と一緒の外出はしたがらない。でも小出しに「しばらくスーパー銭湯とか、行ってないよね」なんで振っていたのが幸いし、今日は高1の次男とスーパー銭湯へ。 ところで、googleに…

昼休みにビル街を散歩しながら都会の本質を考える

今日の仕事は、官庁街のビルの一室に缶詰にされて一日研修。でも昼休みに一時の解放があり、裏口から屋外に出たら、初めて見る眼前の光景が妙に懐かしく思えました。思わず持っていたカメラで撮影。 2017.8.1 Fujifilm FinePix F10 なんとも昭和な「ビル住宅…

夏の夜には提灯

個人的な感想ですが、今年ほど曖昧な梅雨末期状況を体験したことがありません。梅雨のない所から出て来て早三十数年。こちらではもう、一歩外に出ると誰もが真夏モードです。気持ちの区切りとして梅雨明け宣言とかを聞きたいのは自分だけ? そんな天気が幸い…

ラジカセ文化の伝来とMAC ff の思い出

3連休。でも土曜の昨日は出勤。幸い仕事は午後からだったので、昨日の朝はだらだら寝ながら昔のことを振り返り、唐突に思い出したのがこの話題。 10代後半の若者と日々接する仕事なので、スマホが彼らの人生にとてつもなく大きな位置を占めていることは早く…

アルマゲドン

毎朝目にする、最寄り駅のデッキとその遠方に開けた景色。今日は休日なので、ちょっとおしゃれしたり、家族でお出かけ風ありの和らいだ雰囲気でしたが、平日の朝は違います。朝日を逆光にし、勤め人やら学生やらが黙々とこちらに向かって歩いて来ます。 2017…

全面ガラス張り

去年の今頃。よく行く文具スーパーのお隣に、全面ガラス張りのお店らしき建物が建設中で、何ができるのか興味深々でした。 できたのはよく耳にするハンバーグレストラン。昔はもっとあちこちにあったように記憶します。でもお店の作りはとってもお洒落。お客…

雨の水曜日

以前に比べ今年の梅雨はどことなく弱気のよう。朝は曇り空で、帰りは傘をさしたけどしとしと程度とか、今日みたいに朝は降っていても帰りには晴れていたり。 こちら(関東地方)に来てからもう30年。梅雨のない北海道から出てきたので、来たばっかりの頃はこの…

バットマンの思い出

日曜日なのでいつものようにpodcastに配信された英語を聞きながら、家の内外を掃除。晴れていたので、庭の落ち葉やら、お隣のビワの木を愛するカラスがまき散らしたビワの種やらを片付けた後、今シーズン最初の芝刈りもしました。 BBCのGlobal News Podcast…

レトロスペクト

日常的に過去を振り返るのが習慣化している自分はさておき、本来の回顧(retrospect)とは、たとえそれが苦い思い出であっても、当時の記憶と当時の自分を肯定的に捉え直そうとする今の自分の営み、なんて風に考えています。 4月から仕事が変わり、多忙な毎日…

幼い頃の怖い思い出 3

幼いころに見た怖い夢とかの話を脈絡もなくしてきました。今回も5歳前後の頃にみた夢の話。 ストーリーは無し。様々な模様が連なって、大きくなったり小さくなったりしながら、右から左(左から右だったかも)に動いて行く様子をただ見せられる夢。 模様の…

幼い頃の怖い思い出 2

この前は「夜驚症」を話題にしました。2歳か3歳位のころ、夜中に恐ろしい夢か何かに襲われ、ほぼ絶叫しながら目を覚ましたことがありました。 4歳下の弟が生まれてからこれで苦しんだ記憶はありません。そもそも夜驚症は目覚めたときに記憶がないはずなの…

幼い頃の怖い思い出

主人公Ferguson君の思春期の回想を主に繰り広げられるPaul Austerの4321。2月からゆっくり読み進めるもすでに中盤に達しました。あまりにも詳細かつリアルなストーリー。それを可能にしているのは作者の創造力、それとも記憶力? 多分両方かと一人納得…

日曜版のVOA Learning Englishが面白いです

いつもの日曜日と同様、podcastの英語番組を聴きながら家の掃除をしてました。今日は米国VOAの番組の一つが面白かったので、紹介させてもらいます。 VOAにはLearning Englishと称する英語学習者向けの番組が多数あり、政府系の局ながらよくできてます。特に…

渋谷の思い出

渋谷の思い出その一。大学に入った1980年代初頭、何で行ったのかは全然覚えていないたのに、鮮明に覚えているのが、ハチ公前広場を臨むビルに垂れ下がっていた「大瀧詠一 A LONG VACATION」の広告。 渋谷の思い出その二。大学時代の映画館通いの趣味は、就職…

妻の話

先日のお彼岸にお墓参りをした話をしましたが、この時うちの奥さんから不思議な話を聞きました。 お墓には僕にとっては義理のお父さん、お母さんが入っています。ご両親がお墓を建てたのはまだまだ元気だった14年前。6年前に亡くなったお父さんが先にお墓に…

夜の一コマが期待させる何か

今日は築5年目になる我が家の点検にハウスメーカーさんが訪問。特に問題なし。でもあれこれ話すうち、子供らが勢い余って壊した箇所を思い出し、見てもらい、修理の見積もりをお願いしました。 メーカーさんの帰り際、駅から近いのに静かでいいですね、の言…

起きがけに松田聖子が歌う朝

花粉症か、その対策の鼻炎カプセルの影響か 、体調がいつもと違って眠りが浅い。そのせいか、いつもギリギリまで寝ているのに今朝は早めに目が覚め、起きがけにはまた、昔聴いてた懐かしい歌が頭を巡ってます。 どういうわけか、自分の場合はそれが必ず松田…