読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

dods’ blog - 今と昔のノートブック

今の記録は情報提供。昔の記憶は話題提供。気ままに記します。

素敵な店構えを見ると写したくなるよう

あれこれ昔のことを思い出しながら整理したい気持ちがあったのでブログを始めました。湧き上がる中途半端な過去の思い出を形になりそうなものから片付けられたのはこのブログのおかげです。残る未整理分もこれから小出しにする予定ですので、その際はお付き…

夜桜中継

休日出勤から帰ったら、当地でも桜がやっと満開のようです。我が家の前の通りにも桜のアーチがあちこち見られます。 それを見事な画像で紹介したいところですが、私のコンデジによる夜桜中継はこれが限界ですのでご勘弁を。 2017.4.8 Fujifilm FinePix F10

咲き出した桜に今が見頃と教えられました

我が家の前の通りには「桜」の文字が入ってます。ご近所には立派な桜の木が植えられている家が多く、もうしばらくすると通りに桜のアーチが出現します。 2017.4.2 Fujifilm FinePix F10 最近寒かったせいか、開花の発表はあったものの、今朝はまだ二分咲き程…

渋谷の思い出

渋谷の思い出その一。大学に入った1980年代初頭、何で行ったのかは全然覚えていないたのに、鮮明に覚えているのが、ハチ公前広場を臨むビルに垂れ下がっていた「大瀧詠一 A LONG VACATION」の広告。 渋谷の思い出その二。大学時代の映画館通いの趣味は、就職…

墓苑の大ケヤキ

お彼岸なのでお墓参りに出かけました。 向かった墓苑は敷地がかなり広く、その中央に一本の大きな木が立っています。多分ケヤキでしょう。 2017.3.20 Fujifilm FinePix F10 この季節なので青々とした姿をお見せできないのが残念なのですが、行くたびに惚れ惚…

夜の一コマが期待させる何か

今日は築5年目になる我が家の点検にハウスメーカーさんが訪問。特に問題なし。でもあれこれ話すうち、子供らが勢い余って壊した箇所を思い出し、見てもらい、修理の見積もりをお願いしました。 メーカーさんの帰り際、駅から近いのに静かでいいですね、の言…

1970年前後の騒動を改めて知る必要性

先週から話題にしているNHKラジオ第1の新日曜名作座「アップルソング」。第4回の今日も聴き入ってしまいました。話が佳境に入ると、まるで自分がプロの写真家であるような気分でストーリーに没入していたり。 もうひとつ、前回辺りからこのドラマのテーマ…

お母さん頑張るカゴ

先日も話題にしましたが、今回も自転車ネタ。 自宅と駅の間には駐輪スペースが多く、マンションとかスーパーとかの前に「ママチャリ」が並んでいるのは日常的な風景です。 ある頃から気になりだしたことがあります。それは自転車に目立つOGKのロゴ。最初は自…

オーディオドラマというジャンルは御存じですか

過去の記事でも触れましたが、以前演劇に関わっていたことがあり、演劇関係の放送とかは要チェックで、今はなきBSの「ミッドナイトステージ館」なんかをフォローしてました。 もう一つ、今でもフォローしているのがNHKラジオで流れるドラマ。聴取率は低くそ…

春の芽吹き

今日のこちらは好天の休日でしたが、ときどき吹くものすごい南風のせいで、庭仕事には苦労させられました。落ち葉や雑草をゴミ袋に入れようにも、袋が風にあおられ仕事が進まず。おまけにその風は花粉混じりで、鼻水との格闘も。 せまい庭の少ない樹木から、…

正論は小声で話したいが...

電話で苦情処理に苦慮する上司から、「正論を声高に主張するってどうなんだろう?」という愚痴ともぼやきとも諦観ともとれる感想を聞いたことがあります。大いに共感し、それ以来自分の生き方のスタイルの一つに「正論は小声で」を加えました。 土日は買物係…

懐かしい遊具について

2017.2.25 Fujifilm FinePix F10 幼い頃遊んだ公園の遊具。鉄棒とかブランコとかを懐かしく思い出せる方も多いのでは。自分もそうです。でも40年も過ぎて、遊んだ鉄棒やブランコは果たして現存するものやら。あっても、再塗装やらメンテナンスで様変わりして…

沈丁花が香ってます

街で見かける木々の名前が全部言えたらいいなあと思いますが、知っている樹木は残念ながら数えるほど。そんな乏しい知識の中で、香りから先に覚えた木が二つあります。一つは金木犀で、以前にも記事にしました。 でも、最初に覚えたのは沈丁花のほうでした。…

今年一番でした

芝生と植木ばかりで、花は少ない我が家の庭。そんな中、今年一番の開花がこのムスカリ。 2017.2.19 Fujifilm FinePix F10 もう10年も前に鉢植えでいただいて、最初の頃は球根を掘り出してプランターに、今は直植えで放っておかれたまま。それなのに毎年可憐…

昨日の雪

昨日はこちらでも今シーズン初めて雪らしい雪が降りました。仕事帰りの駅までの道、傘をさしてもコートに雪がどんどんついてきて、雪国の方々の大変さと、子供の頃は日常の風景だった冬の雪のことを思いました。 今朝は一転晴れ。屋根に残った雪が溶けだして…

休みの日の散歩

明日は日本の3分の2が雨の予報ですが、今日のこちらは立春にふさわしく快晴。高いところほど空は青い、という当たり前の事実に気づきます。 2017.2.4 Fujifilm FinePix F10 空の青さに枯れ木も映えます。 2017.2.4 Fujifilm FinePix F10 気づかないうちに…

真冬の海辺

昨日が大寒だから、今日も真冬といってよいでしょう。子供のころはこんな季節に海に出かけるなんて考えもしなかった。まれに、車や列車の中から冬の日本海を目にすることはありましたが、まさに演歌色だったと記憶してます。 休日で天気も良かったので、風が…

最近の商店街

昨日、今日とこちらでは雪こそほとんど降りませんでしたが、寒い休日でした。朝は快晴に近いのですが、昼は北からの風が南の海に出て雲をつくり、日を陰らせてました。 昨日も今日も家族のお昼の買い出しは自分の役目。写真は駅前の、何の変哲もない商店街を…

冬の好天

穏やかなお正月が続いています。北国、それも日本海側の方はよくご承知でしょうが、冬に晴れの日が続くことはあまりない。小さい頃、冬なのに太平洋側、特に関東地方は毎日晴れているのがうらやましく思った記憶があります。 今ではそこに住む身となり、冬の…

落ち葉掃除

落ち葉のじゅうたん、とまでは言えないけど、家の庭にも結構落ちてきます。休みの日の落ち葉掃除が欠かせませんでした。 紅葉が全部落ちきり、このシーズンもどうやら終わりとなりました。 2016.12.17 Fujifilm FinePix F10

最近のお洒落なビルについて

この話は全くの門外漢の意見ですので、もしその道の専門家の方の目に触れたなら、「なるほど、素人さんはそう見ているわけね」と読み流してください。 ここ数年に及ぶ大規模な再開発が近所にあり、「そうか、街ってこういう風に造られるわけね」と成り行きを…

ウニ、美味そー!

わが地元駅の階段脇には、いわゆる駅ナカにあるコーヒーショップの広告スペースが確保されていて、美味しそうなサンドイッチ写真とかが季節ごとに登場します。 今夜、仕事帰りに階段を下りていたら、上から子連れのお母さんが「ウニ、美味そー!」とかなり大…

冬のイルミネーション

2016.11.26 Fujifilm FinePix F10 寒い季節の夜を彩るイルミネーション。寒い季節の夜こそ映える感じがするのはどうして?

晩秋の桜

2016.11.20 Fujifilm FinePix F10 ただ葉を落としていくばかりの桜の木。お花見のシーズンは昼も夜もにぎわう近所の公園にて。

快晴

2016.11.12 Fujifilm FinePix F10 寒かったここ数日。今日は一転して見事な快晴でした。

赤い実の季節

家を建てると庭の植木についても何を植えるか判断に迫られます。素人の思いも玄人の業者のアドバイス、do's and don't's(ああしろこうしろ)には簡単にはかないません。 数年前に業者の勧めで庭先の目立つところにソヨゴを植えました。いわゆるシンボルツリ…

雨上がりの不思議な雲

2016.11.01 Fujifilm FinePix F10 今日はいわゆる代休で休み。午前中は雨でした。休日出勤でやり損ねていた家の掃除など済ますと、午後には雨が上がり、だんだん晴れてきました。 近所の公園にはお年寄りや子供など、ぼちぼち人が集まります。ついでに猫もぶ…

古いものと新しいもの

天気はパッとしないけど、近所を散歩。ちょうど同じ通りに古い建物と新しいのが混在しているのが面白く、写真に撮ってしまいました。 2016.10.22 Fujifilm FinePix F10 オゾン温泉って、何でしょう? 看板に説明があります。 2016.10.22 Fujifilm FinePix F1…

秋の海辺

このところ、休みと言えば雨か曇りでした。ひさしぶりに晴れ上がった今日。お昼の買い出しもいつもの車ではなく自転車。午後になってもいい天気なので、やっぱり自転車で海岸まで出かけてきました。 2016.10.15 Fujifilm FinePix F10 今頃の海はいいですね。…

半年でやっと根が伸びたアボカドの種

まだ冬だったから、水につけたのは少なくとも半年前。そのアボカドの種の1つから、ついに根が伸び始めました。発芽はまだです。発芽まで1カ月はかかるとか、およそ3週間くらいで根がでてきますとか読んでいたので、今回はダメだろうとあきらめてました。 2…

真夏の解体

相変わらず、この辺りでは建て替えブームの続きます。今日は解体工事の真っ最中。精が出ますね。思わず見入ってしまいました。 2016.08.18 Fujifilm FinePix F10

不思議な空き地

この間までは、いつもお客さんでいっぱいの焼き鳥屋さんと、流行りのスタンドバーが並んでました。入ったことはなかったけど、どちらもいつか行こうと思ってたので、取り壊しはちょっと残念。 最近、この辺りはちょっとした建て替えブームらしく、どうなるか…

「づぼらや」さんのおかげです

以前のブログで、昔見た記憶がある45年以上前の雑誌のグラビア写真と図書館で再会した話をしました。 記事で紹介した写真は万博開催中の大阪を特集したグラビア記事の1ページ。でも、ここが大阪のどこなのかが分からず、あれこれ調べたくなりました。決め手…

万年筆の時代は終わったか 2

小説家、佐藤正午のかなりのファンです。デビュー以来、たいていのエッセイとすべての小説は読んでいると思います。謎解きを含んだお話しの面白さ、ハードボイルド調の設定など、良さをあげるとキリがない。 でも一番惹かれたのは、他と違ったから。同じよう…

日本の広告が一大変貌を遂げた5年間 雑誌「中央公論」の記憶 4

月刊誌「中央公論」のバックナンバーが昔我が家にあって、子供のころ、憑かれたように眺めていた時期があると以前書きました。でも見るのはもっぱら広告で、記事のことはほとんど覚えていない、とも。 自分が40年も前に見たのは何だったのか、それを今の自…

Flickrで必要なyahoo.comメールをOutlookに登録するには

最近、公式グループ「写真・カメラ」を眺めることが多く、そのうち自分もいい写真が紹介したい、それにはいいカメラか、フィルムカメラもいいな...などとあれこれ考えています。 投稿された写真を見ていて、Flickrの文字の入ったものがあるのに気づきました…

ヤシカエレクトロ35GXの思い出

小さい頃、家にあった月刊誌のバックナンバーを読み漁るのが趣味だった時期がありました。と言っても、目的は万年筆とかカメラなどの、少し古めかしい広告を見ることでした。(雑誌「中央公論」の記憶) それで思い出したのが、カメラのカタログを集めまくっ…

雑誌「中央公論」の記憶

小学生のころ、父親の本棚の前に陣取って、分かりもしないのに小説やら雑誌を見るのに熱中した時期があります。なかでも印象に残っているのは、ある時期定期購読していたのでしょう、「中央公論」なる月刊誌のバックナンバーが本棚の下段を占領していて、そ…