dods’ blog - 今と昔のノートブック

今の記録は情報提供。昔の記憶は話題提供。気ままに記します。

春を待つ公園で思い出したこと

日曜なので、いつものように家の掃除。合間に家族のお昼を調達するのも、日曜日の自分の仕事なのですが、今日のお昼は家で奥さんが焼きそばをつくるとのこと。ならばと、トイレ掃除を残しつつ、天気のいいうちに近所の図書館へ外出。

 

図書館で「ライカとその時代」なんて面白そうな本を見つけたので、仕事を済ませてからずっと読んでいるのですが、あまりにも昔の話(第2次ではなく、第1次大戦前後)が多く、多少難儀してます。機会があれば感想とかも記事にするかもしれません。

 

ライカとその時代 (朝日文庫)

ライカとその時代 (朝日文庫)

 

 

図書館を出てから、焼きそばはきっとまだだろうし、天気もいいし、ということで近くの公園へ向いました。ここには太い幹の桜が数本植わっていて、シーズンを迎えると満開の花が公園中を覆いつくします。なので家では勝手に桜公園とか呼んでいます。

 

f:id:dods:20190317210048j:plain

 2019.03.17 Fujifilm FinePix F10

 

天気がいいと言ってもまだちょっと寒いし、それに桜の季節にもまだちょっと早い。でも、ベンチに座り、降り注ぐお日様を感じていて、ふと、2年前にこのブログを始めた動機を思い出しました。

 

今思うこと、感じたことをあれこれ、根拠もなく気ままに書きたい。でも、そう思ったり、そう感じる自分の根拠はおそらく過去の自分にあるはずだから、何か昔の思いや出来事で、自分なりに気になることを、深く掘り下げたい。

 

言葉にすればこんな感じなのですが、その実、理屈抜きで動機となるイメージが自分にはありました。それは、恐らくは2歳位のころ、多分母親に連れられ、多分近くの公園で目に入って来た、お日様を浴びて輝く木々の緑でした。

 

今覚えているのは、その場所でもその前後の事情でもなく、その時目にした圧倒的な緑と幸福感です。そもそも、その頃の自分に言葉がちゃんと出ていたのかも定かではありません。それと、緑は下から目線のように思い出され、ベビーカー(じゃなく、当時は乳母車だ!)から見ていたのかも知れません。

 

f:id:dods:20190317213701j:plain

 2019.03.17 Fujifilm FinePix F10

 

もう半世紀も前の話です。でも、誰かに守られているという安心感とか、緑や光の心地よさとかは忘れようにも忘れられません。自分にとって幸福感のベースというものがあるのだとすれば、それはあの時のあの体験でつくられたような気がします。

 

やまとの味カレーを食べ、ベビーラーメンを思い出す

仕事帰り、少しお腹がすいていると、遅い我が家の夕食時間に備えてコンビニに寄って買い食いします。よく寄るのがローソン。ところが最近はLチキ旨塩とかも食べ飽き、というか、歳のせいかだんだん油ものがあまり受け付けられなくなってきました。

 

ちょっとでいいから、安くて美味しいのがいいなあ、なんて思って探すも、自分の寄るお店には駄菓子類もあまり無く、100円を切るのは魚肉ソーセージくらい。ところが昨日、とってもいいのを見つけました。値段も60円余り。

f:id:dods:20190316213640j:plain

味カレー(中透明) - 大和製菓|味カレー|スナック菓子|直売店|長崎|佐世保

 

長崎、佐世保のメーカーさんのお菓子のよう。きついカレー味なのかなあ...と思って食べたら、ほんのり風味の軽い味。それが証拠には、帰り道立ち寄る公園で、自分が来ると必ず寄ってくる黒猫クロちゃんにおすそわけしたら、意外、カリカリ食べてました。

 

お気に入りの小袋スナック菓子を発見とはしゃぐのも、この歳でどうかと思いつつ、思い出したのは、小学校1,2年で出会った松田のベビーラーメン。ご存じ、松田のベビースターラーラーメンの初代作です。「チキン入」に魅せられました。

 

f:id:dods:20190316214857p:plain

もとをたどれば:ベビースターラーメン 即席麺の「かけら」商品化 - 毎日新聞

 

ところで、いま大人気のドラマ「まんぷく」のストーリーでは、インスタントラーメンの発明者は安藤百福氏となっていますが、実はこれには異論が諸説あり、その一つにこちら松田産業のベビーラーメンも関係していることを、この記事を載せるにあたってあれこれ見ていて知りました。詳しくはこちらを。

 

ja.wikipedia.org

 

 

今回のピエール瀧氏の出来事について

芸能関係のニュースには全く無関心の自分でしたが、今朝の報道には本当に驚かされました。我が家に帰るまでそれを共有する相手もいなく、今日一日、なんだか残念な気分で一杯でした。ピエール瀧氏逮捕のニュースです。

 

ウィークディの起床はいつも5:50。気象情報をベッドで見ながら徐々に目を覚ましていく感じ。6時にニュースが始まり、そろそろ着替えやきゃ、と動き始めるのが毎日のローテーションです。それまで実はきちんと目が覚めていない。

 

自分が見ているNHKの「おはよう日本」のトップニュースは、英国のEU離脱案再否決。でもその後ろで、主なニュースのテロップが出ています。そこには「ピエール」の文字。

 

え? 何? とメガネをかけ直し、読み直して知ったのが、そのニュースを伝える文字でした。一気に目が覚めます。確か3番目くらいにその報道も始まりました。出勤の支度があるので途中で止めましたが、瀧氏がフラッシュを浴びながら車で運ばれる映像でした。

 

電気グルーヴのことは全然詳しくないのですが、「あまちゃん」あたりからか、テレビやラジオで見せる個性にピエール瀧氏は自分のお気に入りでした。「たまむすび」のタイムフリーを radiko でよく聞くようになってから、すっかりファンに。

 

個性的な演技とは裏腹の、丁寧で誠実そうな人柄。その両面に惹きつけられていただけに、今回の出来事への自分の反応は意外、予想外、そんなはずない、で満ちています。あるいはゴーン氏逮捕の時にも感じた、世間を惑わし真実を隠す国策操作...なんて想像も。

 

たまたま、午後1時にクルマで出かける仕事があり、TBSラジオの「たまむすび」が聞けました。赤江さんの、出来事を伝える声が泣けてました。博多大吉がまめにフォローを入れてました。明日のパーソナリティはカンニング竹山氏になるそう。

 

家に帰って、家族に話すと、なんとうちの奥さんは昨日の夜中にテレビのニュース速報で知ったそうです。教えてくれたらよかったのに、の訴えに「もう寝ていたでしょ」。確かにそうでした。

 

自分にとって、芸能関係というか、ミュージシャン関係の話題としては、大瀧詠一氏がなくなって以来のショッキングなニュースでした。どうして彼の逮捕がこんなに気になるのか自分でもよく分からない点もあり、もう少し考え続けます。

 

快晴の今日、我が家のムスカリを大いに褒める

雨の多いこの頃でした。先週の金曜日から今週の木曜日まで、仕事帰りは必ず雨に降られました。自分の場合の午後8時前後に、例外なく。

 

昨日辺りからやっと天気は復調。お休みの今日、当地では100%快晴の青空。お昼ご飯を買いに出かけ、帰り着いた時に見上げたら、我が家の屋根の上に飛行機雲ができていました。

 

f:id:dods:20190309204803j:plain

 2019.03.09 Fujifilm FinePix F10

 

家に入ると、「ムスカリが咲いてるよ」とうちの奥さんの知らされ、もう一度庭に出て写しました。確か去年も同じような写真を撮って、記事にした記憶があります。

 

鉢植えでいただいたのが10年も前。マンション暮らしのころは別の鉢に移植し、順調に育っていましたが、7年前の引っ越しと同時に、日当たりのいい東側の庭に植えるも、何だか元気がなくなりました。砂混じりで保水力の少ないこの辺りの地質が不向きだったようです。

 

昨春も、結局咲いたのは記事にした一花だけでした。しかも、このムスカリが植えてあるのは、昨年秋の台風で大打撃を受けたソヨゴの木の下。ソヨゴ復活のため、植木屋さんが土の入れ替えや竹の支えを差し込んだ場所。今年は完全に諦めてました。

 

f:id:dods:20190309205420j:plain

 2019.03.09 Fujifilm FinePix F10

 

f:id:dods:20190309205449j:plain

 2019.03.09 Fujifilm FinePix F10

 

それだけに今日は、よくぞお前、今年も頑張って咲いてくれたな、と我が家のムスカリを大いに褒めた次第です。

 

マイケル・コーエン氏に英単語を教わる

日曜日、雨。本当に最近は雨が多いし、寒い。まあ、予定の無い休日なので実害はないのですが。

 

いつものように家の掃除をしながら、podcast で英語の勉強を兼ねてこの一週間の英語放送を聞いていました。気になった言葉があり、記事にします。

 

日本のニュースでもさんざん報道されたハノイでの米朝会談。合意なく終わった一因が、同時にアメリカ本国で行われていた、トランプ大統領の元顧問弁護士、マイケル・コーエン氏の公聴会が開かれたからだとか。

 

ことの次第はよく分かりませんが、自分が毎週聞いている、一週間のニュースのまとめ番組は3つあり(米国 ABC の World News This Week と CBS の Weekend Roundup、英国 BBC の The World This Week)、そのどれもがコーエン氏のこのセリフを報じてました。

 

I'm ashamed because I know what Mr. Trump is.

He is a racist, he is a com man, and he is a cheat.

(トランプ氏がどんな人物かを知るだけに、自分を恥じています。

氏は人種差別主義者で、詐欺師、ペテン師です。)

 

https://www.bbc.com/news/live/world-us-canada-47390920

 

com man (comman)の意味が分からず、調べてみたら「詐欺師、ペテン師」。次の名詞 cheat と同じ意味ですね。この cheat も動詞で「カンニングする」「詐欺をする」は知ってましたが、名詞の用法は今日初めて教わりました。