dods’ blog - 今と昔のノートブック

今の記録は情報提供。昔の記憶は話題提供。気ままに記します。

立派な木

立派な木があると写真に撮ってしまいたくなります。

f:id:dods:20171020221405j:plain

2017.10.20 Fujifilm FinePix F10

今日は午前中から、県内某所を営業で回ってました。河川敷を臨む傾斜地に、原生林かと見紛う立派な林を目にして撮影。木の肌がなんとも魅力的でした。

夜のステージ

最寄り駅に隣接するショッピングモール。開設当初はただの広場だったところに、いつの間にかできたステージ。何も催されてない夜でも、こんな風にショーアップされてます。

f:id:dods:20171015204139j:plain

2017.10.14 Fujifilm FinePix F10

撮ったときには全然思いつかなかったのですが、記事にしようと写真を改めて見ていたら、脈絡もなく思い出した一曲があります。佐野元春のSomeday。

街の唄が聴こえてきて

真夜中に恋を抱きしめた あの頃

踊り続けていた

夜のフラッシュライト浴びながら...

そういえば、昨日も自分の世代にまつわる記事を投稿してました。前向きに、新しものをどんどん吸収して生きたいと思いつつ、思い出す昔のことに意味を見出したくなるのは、生まれてから半世紀が過ぎる者の宿命でしょうか。

1960年代前半生まれの俳優の勢いについて

仕事上、あちこちから送られてくるポスターを処理してます(貼ったり、捨てたり、よそにあげたり)。教育関係なので商品宣伝ではなく、公共機関から広報ものが大半。でも一週間さぼっていると結構たまります。

印象に残るのは顔や姿のアップ。当方に送られるポスターの趣旨からなのでしょうか、一番多いモデルはスポーツ選手。それと政府後援の映画ポスターも多く、たとえば「あさひなぐ」のポスターは乃木坂46。こういったものがどんどん届くのです。

https://www.cinra.net/uploads/img/news/2017/20170711-asahinagu.jpg

残念ながら、個人的にはこれらはあまり興味が湧かず。一方で、いいなと思ったポスターもあります。最近では俳優の木下ほうか氏と遠藤憲一氏のポスター。何処から届き、何のポスターだったのかは、申し訳ないのですが記憶にありません。

そして本題。今日昼まで仕事をして、午後は自宅でゆったりしてました。フジテレビ「世にも奇妙な物語」を見るともなく眺めていて、主役、遠藤憲一が演ずる「妻の記憶」に思わず引き込まれてしまいました。韓国人のウェブコミック作家の原作とのこと。

https://i0.wp.com/positive-man.com/wp-content/uploads/2017/04/am.jpg?resize=300%2C200

思い出すのは昨日、やっぱり仕事から帰ってテレビを眺めていて、チャンネルすら思い出せなかったのですが、どこかの居酒屋でダウンタウンの二人と女優の真矢ミキさんがトークしてました。3人とも50代だと知って意外感に打たれました。

 一応調べたら、こちらの番組のようです。

f:id:dods:20171014215012j:plain

https://pbs.twimg.com/media/DMBGqY-VAAAUfOW.jpg

そして、最近気になる俳優さん達には共通点があることに気づきました。ダウンタウンはともかく、木下ほうか、遠藤憲一、真矢ミキ、加えて小林製薬のCMで異彩を放つ松重豊、調べてみるとみんな1960年代前半生まれ。

気になる理由は間違いなく、自分もその一員だからなのでしょう。

 

昔から朝焼けよりも夕焼けが好きだった

今夕撮った近所からの夕景。ロケーションとか時間とか画角とか、全然考えず。というか、自分が写す写真はすべからく出向いたその場での思いつき。

f:id:dods:20171010195137j:plain

2017.10.10 Fujifilm FinePix F10

f:id:dods:20171010195228j:plain

2017.10.10 Fujifilm FinePix F10

いつもなら帰宅は8時を過ぎるのですが、今日は代休。5時前に帰ってきた次男から、机の蛍光灯切れた!の訴えがあり、電気屋さんに出かけた際の撮影でした。

15時の鐘

午後3時。自分と息子用に遅いお昼ご飯を買おうと、お弁当屋さんに向かって駅前を歩いていたらクリアな鐘の音が聞こえてきました。

f:id:dods:20171008210314j:plain

2017.10.08 Fujifilm FinePix F10

6年前に駅北から駅南へ引っ越したけど、この近くにはもう24年も住んでます。でも、この鐘の音を聞いたのは今日が初めてでした。

4,5歳くらいの女の子が、やっぱり鐘の音の正体を知りたいらしく、駆けてきました。お互い笑顔でご挨拶。